PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GARMIN 60CSxJ

garmin-gps-review.jpg


バイクで関東近郊を走る際、一番困るのは。。。今のところ迷子になってしまうこと。

手元にはIphone4があるのですが、電波が届かないとお手上げです。特に郊外で圏外が起こります。

電源問題を解決でき、バイクに容易に車載でき、最低限今いるところを確認できるものは。。。

そうGPSです。


さて今回の紹介するGPS機。ほとんどの方は大まかな話、知識を既に持っているでしょうね。
カーナビ以外にも主に、航海、登山者、山仕事の方々に利用されているという。
最近では自転車、バイクでのツーリングにも。                               
GARMIN 60CSxJ  ちなみに最新同モデルはGARMIN 62SJ                                                                           
アメリカのガーミン社から販売され、日本のメーカー?が日本語化している。海外モデルは日本語版の半値以下です。やはり、何かと日本語版がよいなかと。付属資料や通販サイトでのユーザーサポートを考えれば値段は仕方がないかもしれません。日本人は商品の完成度にはうるさいですからね。
正規?販売店でやらないメニュー日本語化や画像化した日本語表記地図、アルファベッド地図など海外モデルの改良版も存在します。しかし新品で購入するならば改良モデルはガーミン社の保障が受けられなかったりしますので自己責任ですね。

難点はGPSを使用しているが、国産カーナビのような親切設計ではないことと、あまりにも高価な値段設定であること。付属のベースマップは粗いもので、専用の詳細マップは最新版で約2万。高いぜええ~。

これの購入動機は、、
型落ちしたモデルでもファームアップで修正を何度も繰り返した操作性、安定度の高いモデルであること。
最新版に比較して、中古品ならば半額以下から1/4程度で入手できること。単3で約20時間オーバーの稼働時間。
山屋の知り合いが、問題なく使えると進めてくれたことです。
たまたまバイクマウント付き、詳細マップ付き(古いが付属品のもの)で格安で入手に成功しました。

かなり癖があり慣れるまで時間はかかるらしいですが、カーナビの機能のように期待せず、割り切って使えばかなり使えるらしいです。

旅のお供に仲間が増えました。さっそくウロウロしてみましたが、なかなかいい感じです。
面倒だし登山ではないし事前のルート作成とかしないだろうけれど、現在地がサッと解るのは助かります。
だってIphone4って。。電波の届くところで歩いてるならいいけれど。

243910780_x898e-L.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/29 22:34 ] 旅の道具 | TB(2) | CM(2)

内山牧場キャンプ場 その2

記録がてらですが。

凧揚げを楽しむナゾの熟年グループ。はしゃぎすぎ~w
DSC_1142.jpg

どうなったらこんな絶壁ができるのだろう?驚異的な自然。
DSC_1143.jpg

ちょい味付けてみた。今回の自分のスペース。天候でめまぐるしく変わってゆく風景。
DSC_1138.jpg



学生のころよく聴いた吉川晃司の歌を思い出す。「終わらないサンセット」
  ~当もなく辿りついた場所で 時間に追われることも無く 海鳥たちが飛ぶ空の様になりたい~

DSC_1177.jpg

 ~ 終わらないサンセット 今はこのままで つつまれていたいから ~

まさにそんな世界。日は沈みますが。。(苦

DSC_1194.jpg

寂しがり屋を気取ってはいません。念の為(w
自分の来し方、行方をぼんやりと。。考えるような考えないような。。。
一定距離を居住地から離れると、とても頭、体がリフレッシュします。
関連記事
[ 2012/05/28 22:18 ] キャンプ | TB(1) | CM(2)

高地でのキャンプ。内山牧場

DSC_1137.jpg

週末は長野県の佐久市にあるキャンプ場へ向かいました。
さわやかな五月晴れに恵まれ、長野に来た甲斐がありました。
絶景というほどのものはありませんでしたが気持ちの良い風がたなびき、心地よく過ごせました。

ここはバイクツーリングを好む方々のメッカ?ともいわれていると聞きました。
その名は内山牧場キャンプ場。

DSC_1180.jpg

彩雲が見えましたのでパチリ。やや露出を落としてあります。
DSC_1126.jpg

もともと牧場であったところをキャンプ場に開放してあるようです。
いつもは山間部の渓谷部が多いパターンのキャンプですが、こういう広大なところで開放感あるキャンプもなかなか良好です。

DSC_1144.jpg
高地、晴天で気持ちが良いのですが、気がつくと結構な日焼けでヒリヒリ。

DSC_1163.jpg

気がつくと割合、多くのキャンパーが集ってきていましたが、広いため、混雑している感じは受けません。
キャンプ場の設備としてはトイレと水場が少し。整っていないところがまたいいですね。
ファミリー向けではない感じです。私は好きです。

テントなど設営後、カメラをもって散策です。撮影しながら薪がありそうな場所もチェック。

DSC_1150.jpg

けっして華麗な花が咲き誇っているわけではありません。身近なものばかりでしたし、木々も高山特有の低木状mのものばかり。

DSC_1146.jpg

DSC_1147.jpg

焚き木を集め、薪割をし、一汗かいた後、コーヒーを沸かしましたが、高地の気圧の為か沸く時間が平地と違うようでした。
刻々と時間は経過し、肌寒くなってきた頃から陽が一気に暮れ始めます。

DSC_1174.jpg

夜間は曇ってしまい、期待した満点の星はあきらめました。
仕方なく隣のテントでも。
DSC_1191.jpg

さすがに高地。日中は真夏のような暑さでも、朝晩の冷え込みは結構な落差です。
でもジベタタリアンな私には、牧場の地面が心地よく、今まで一番、気持ちの良い寝心地でした。
快眠です。

トイレがてら目が覚めたので早朝の様子を撮影。陽がまだ完全に昇りきってない状態。
朝焼けも昨日の夕陽と同様、平凡なものでした。

DSC_1213.jpg

11月ごろまでオープンしているようなので、今度は秋にまた来てみたいところでした。

牧場には、いたるところに小さな糞が転がっていました。犯人はどうも狸です。
嫌な人には不快かもしれません。

しかし長野のキャンプ場をもっと開拓したいと検討中です。
関連記事
[ 2012/05/27 20:42 ] キャンプ | TB(1) | CM(4)

つぶやき 

DSCF1269.jpg

今年も面白くなりそうだ~。梅雨時期のキャンプ、どうしようかな。去年のデータを・・

・バイク用のナビゲーションをどうしようかなー。。。
・自賠責保険そろそろ。。
・タイヤ交換しました~ ダンロップD604
・げっ! ミッションからオイルのにじみが。。。ドレンを増し締めで。。
関連記事
[ 2012/05/23 21:55 ] My Photo | TB(1) | CM(2)

ジベタリアンなキャンプ 嵐山渓谷 月川荘キャンプ場

DSCF1296.jpg

自宅からそう離れていない嵐山渓谷。
今回はバイクで一泊してきました。

季節的にはとても気持ちの良い時期で、キャンプ日和。
虫もあまりいなくて、蚊やブヨにも悩まされず、実に快適。

道々にはキレイな花が咲いており、マクロってきました。
DSCF1282.jpg

DSCF1287.jpg

バイクの積載能力が、なんでもありの車に比べ限られるので、厳選したり、新規導入のツールで楽しみました。
DSCF1303.jpg

DSCF1276.jpg
ワンポールテント。参天などと呼ばれ簡易設営です。似た様なテント仲間には、シャングリラ、オリガミなどありますが、大きさはやや大きめ。角をペグダウンし、中央にポールを立てます。底が地面なので靴のまま出入りできます。
これの側にグランドシートを適当に敷き、日中はごろりと横になって過ごしていました。幸い、地面は草原地でしたので快適です。

DSCF1299.jpg

ここは嵐山渓谷近辺の月川荘というキャンプ場。
DSCF1291.jpg

今回はあまり人気の少ないテントサイトを選びました。
珍客の動物を警戒しましたが、結局、一番面倒な人間がやってきて煩わしいことこの上なかったです。
初対面で、ため口。プライバシーや仕事を根掘り葉掘り聞いたり、バイクやテントの中をあれこれ聞いてくる。。。
なんだったのでしょう?あの人??

さて気を取り直し。。

DSCF1290.jpg

DSCF1292.jpg

秩父とはまた違う趣は良かったです。いつもの秩父は低山といえども山中の朝晩は気温が下がりやすいのですが、
ここ嵐山はそうでもなく、少々の風が吹きつづけ、心配した結露もありませんでした。おかげで撤収はラクチン。


夕闇では、炊き火台はやめて直火の焚火。遠赤外線の効果で汗だくになりました。風邪を引きかねないです。
DSCF1312.jpg

もうそんな季節??
DSCF1304.jpg

反省点は当然ながら、荷物を積載するとバイクの重量、バランスがかわります。走る分には問題ないパワーのジェベル250xcですが、止めたり、乗り降りの際、荷物のせいで足の出入りがしにくかったり、よろけるなど、とてもひやりとしました。
もうひとつは食事用の鍋とコーヒー用の鍋はそれぞれ用意すべきでした。洗う手間が面倒でした。
撮影機材は当然ながらコンパクト優先の為、X10にて行っています。
関連記事
[ 2012/05/21 10:43 ] キャンプ | TB(1) | CM(4)

楽しかった。夢のようなひと時。秩父白岩渓流園

撮影機材は全てX10です。

DSCF1233.jpg

DSCF1201.jpg

DSCF1239.jpg

DSCF1234.jpg

DSCF1242.jpg

DSCF1228.jpg

DSCF1248.jpg

DSCF1254.jpg

DSCF1264.jpg

楽しかった。夢のようなひと時。
関連記事
[ 2012/05/13 15:48 ] キャンプ | TB(0) | CM(2)

GW続編:激流 秩父下名栗

荒々しい水流のほとばしり。
DSCF1161.jpg


DSCF1162.jpg

作風の変化へのチャレンジ。
関連記事
[ 2012/05/10 21:26 ] キャンプ | TB(0) | CM(4)

GW 嵐をよそに 秩父大鳩園キャンプ場

各自が食事の為の焚火を起こす中、陽光が煙に乗って姿を現しました。

DSCF1175.jpg
X10 Lightroom
関連記事
[ 2012/05/09 21:12 ] キャンプ | TB(0) | CM(2)

GW後半 秩父大鳩園キャンプ場

GW後半。帰宅して茨城で竜巻の話を聞き、驚きました。
また浜名湖でも浅瀬に取り残されたり、海で流されたりなどと毎年、様々なことが起こりますね。

秩父のこのキャンプ場でも、朝五時ごろ突風が吹き、テントを吹き飛ばされて止む無く帰宅した客がいました。
幸い、怪我は無かったそうですが。
私も寝ぼけていたためか、何か外が騒がしいぐらいにしか認識していませんでした。

さて厳しい状況にさらされている方々も多いと思うので、写真だけ記録の意味をこめてアップしておきます。

DSCF1147.jpg

DSCF1160.jpg

DSCF1165.jpg

DSCF1187.jpg

DSCF1199.jpg

DSCF1200.jpg
関連記事
[ 2012/05/06 18:15 ] キャンプ | TB(1) | CM(2)

さて天気はどうなのかな?

DSCF1042.jpg


GW後半、各地で豪雨が・・

北関東の各地でもまだ雨が心配されます。
曇りのち晴れでも、時折、雨らしいです。

DSCF1065.jpg


去年来、キャンプでの雨天時対策は積んできましたが、それでも帰宅してからの後処理がやや面倒。
しかしながら、なーーにも考えずにコーヒーを飲みながら過ごす時間は何をもってしても替えがたい至福の時間

DSCF1067.jpg


せっかくのまとまった休みですからね。

DSCF1064.jpg

ということで、やはり行ってきたいと思います。


DSCF1043.jpg
丸太のいすは、実は鉈用のまな板です。キャンプ場の借り物ですが。
関連記事
[ 2012/05/03 21:57 ] キャンプ | TB(0) | CM(3)