PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顔のないスパイ

昨日から期待した晴天に恵まれず、映画を楽しんできました。

今日は「顔のないスパイ」というリチャードギアが主演するスパイもの。

なんとなくスパイものの展開はお決まりのパターンと予想はしていましたが、以外や以外。

展開で楽しめる娯楽映画でした。

スパイものといえば、ケヴィン・コスナー主演の「追いつめられて」という映画を思いだしました。

まさにどんでん返しが控えるからこそスパイものたる由縁でしょうか。

***************************************************************************************************

映画鑑賞の前後に数日前に到着したレンズのテスト撮影を兼ね、ウロチョロしていました。

つまらないスナップですが。
マーク2の良さと合いまり、素晴らしい描写ということにしておいてください。
大変満足です。

IMG_1681.jpg
5DMark2+85mm1.4T*

IMG_1684.jpg
5DMark2+85mm1.4T*

IMG_1683.jpg
5DMark2+85mm1.4T*

IMG_1676.jpg
5DMark2+85mm1.4T*

IMG_1706.jpg
5DMark2+85mm1.4T*

IMG_1702.jpg
5DMark2+85mm1.4T*

IMG_1707.jpg
5DMark2+85mm1.4T*
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/26 20:08 ] 映画 | TB(0) | CM(3)

悩む

img_about06_01.jpg
X-PRO1

ニコン、キャノンの隙間を埋めようと採用したX10。
まったく後悔はしていませんが、こうもX-pro1がヨイヨイと聞くにつれ、正直使ってみたいなーと思う気持ちが膨れてきました。

X10の軽快感は、とても良好で、さっと取り出し、さっと撮るという行為にばっちり答えてくれます。
仕事先で、通勤途上で、人混みで、街中で、遠慮なく撮影できます。
画質もブログに使う分には申し分なしです。手軽なX10、かわいいやつです。


近所のカメラのキタムラで実機を見てきました。
重さ、大きさはX10<X100<X-pro1です。
もはや小型ミラーレスという枠ではないほどに。これでは高級一眼に挑戦状を叩き付けたコンパクトAPC機。

いくら画質が良いとはいえ、X-pro1では、気軽に取り出し撮影という、せっかくの目的がぼやけます。
Xマウントでのレンズラインアップも、ニコン、キャノンという2ラインがある現在、負担増になります。
そして高画質、高感度、高性能であるほどに、ニコン、キャノンの存在感を脅かします。
冷蔵庫のような、かなり大きな防湿庫も満杯状態。保管場所にも悩みます。

現在の迷いは、①ニコン、キャノンのどちらかを処分して富士フィルムライン導入を図るか、②3ラインを行うか。もしくは③富士フィルムは諦め、現在を維持するというもの。

時代はミラーレスに加速の予感。而して大型化してゆくような。。。。
ニコン、キャノンは現在、目を引くようなミラーレスはなし。
高機能、高画質カメラのラインは高級一眼と高級ミラーレスに二極化するような気がします。

もっとも頭が痛いのが、値段です(笑 あとは一眼デジを超えようかとする画質の良さ

「好きにすればー」とモニタの向こうで嘲笑されそうな話題です(汗

一人、悩んでいる時間を楽しんでいます。
でも、なんだかんだオプション、追加レンズが必要になると、約20万近い出費で収まるわけないじゃんね。
標準単焦点、マクロ、ズーム、フード、カバー・・・30万は覚悟しなきゃ…
誰か良い仕事紹介してください(笑
関連記事
[ 2012/02/25 01:30 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

X-pro1

なんだかすごいらしい。

レビュー
http://www.monox.jp/digitalcamera_special_fujifilmxpro1.html

解像感、高感度耐性など5Dマーク2を上回るらしいです・・・;

フルサイズではなくAPC。交換レンズは3種。18mm 35mm 60mmマクロ。

1.5倍換算で27mm、55mm、90マクロ。
それぞれのレンズの出来栄えも良いらしい。

現在、価格コム相場で本体が13万弱。レンズが各々5万弱。計18万弱の買い物になるらしい。
もう少し追加でマーク3が買えますぞ、きっと。

尊敬する先輩方はすでに購入し試写していた。さすが画質至上主義! この人たちは使い倒してカメラを語る人種。
うわべの知識人ではないから、すごい方々。
私らはそんなにとっかえひっかえできませんがな。

私の腕には、不相応のものとして無視!と決め込んでいますが。。。。
なんかうずくのはなぜ?

時代の流れは大きな一眼から少しずつ小型軽量、ミラーレスに移行しつつあるのだろうか。
報道、プロ写真家が存在する限り、そうそう逆転しないと思うのですが、デジタルの技術の進歩は早いです。


 そういえば進歩的なみなさんは、ご存知でしょうが、こんなことがありました。
以前、私の高2の息子から辞書を所望されました。
 自分が受験生だったころ、あの分厚い辞書を数冊もちあるいて使い倒していました。例文などガンガン読んだり楽しかった辞書。
 ところが息子言うには現代では電子辞書がポピュラーなんですと。なんやかやでコンパクトな機体に数冊分の電子辞書が詰まっています。液晶表示もきれい、読み上げ機能、検索機能の充実したカシオの受験生向けモデル。
その使い易さに、たまげました。

 このエピソードは時代は確実に変化していくこと。古い価値観は淘汰されてゆくことを直視せざるを得ない、地味にショッキングな出来事でした。

 さてこれからのカメラ。いろいろと方向性はあるのでしょうが、見極める力量がない私ですので、時代に取り残されたとしても仕方がないですかね。もはや古い人間の一人ですから。
 いやいや「蒼蝿驥尾に付して万里を渡る」というじゃないですか。熟練の先輩が良い!というものを取り入れられるようお金貯めないと~笑 ま、ハエみたいなもんですからw
関連記事
[ 2012/02/21 01:46 ] その他 | TB(0) | CM(4)

追いかけて

精進湖にて
DSC_0850.jpg
D3s 24-70 2.8G
雲の動きが激しい一日。でも気持ち良い山梨訪問。


オーソドックスな写真。気持ち良さが伝われば満足。
DSC_0845.jpg
D3s 24-70 2.8G
のんびりと富士とともに。
関連記事
[ 2012/02/19 21:01 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

ほんまでっか5D X

キャノン5Dにうわさの新製品情報が。。

5D X
- 4500万画素(画素ピッチはPowerShot G1 Xと同程度)
- 61点AF(1D X と似ているがよりシンプル)
- 連写は3.4コマ/秒
- ISO100-6400(拡張で50-12800)
- 画像処理エンジンはシングルDigic5+ Digic4
- 価格は3000ドル以上

まだ噂の範囲

ほんまかいな?
D800に対抗したスペックは、なるほどそうかもしれないが。

できれば5Dマーク3という正統進化を望みます。買えないけど(w
関連記事
[ 2012/02/14 20:40 ] My Photo | TB(0) | CM(3)

京都にて その4 コンパクトデジカメの感想

*コンパクトデジカメ
X10で撮っていて、それなりに満足しているのですが、気になる機材が出てきました。
X100やリコーGRDⅣです。
X100は35mm換算で35mm相当で僕には画角が狭く感じます。高感度に強く、高画質なので興味あります。値段もネックです。やや大ぶりな本体も。
GRDⅣは高画質ですが、実用ISO800までがネック。価格、サイズはいいですね。28mm固定もいいですね。
X1-PROやオリOMDは一眼中・上級機程度の値段なら現在のシステムを補強したほうがよほど費用対効果がありそうです。

結局、両方の良い点をかねている、C社N社とのシステムの間を埋める(スナップ)ということで、ほどほどの良い画質かつ安いX10を使用しています。
画質にこだわり、費用をかけるなら一眼のレンズに走るという結論です。
ご意見のある方、ぜひコメントをください。
参考程度に

X10の利点
価格が他の高画質系のコンデジと比較して安め。現時点で5万強。X100で10万前後強。GRDで5万から。
画質は単焦点系高画質コンデジよりは解像感で負けるものの現像時のレタッチで少し救える。
ほとんど使わないズームですが、あると少し便利。
本体が小さいとはいえないが大きくも無い。収納時は出っぱったレンズ・フード部で結局はかさばります。
本体の質感は悪くなく大人が持って気恥ずかしくない質感。街中のスナップに気軽に取り出せる。周囲の人も気にならない。一眼はやはり人に向けるのは憚られる。
マクロも便利。一眼に比べ軽量なのでスナップ用に気軽に携帯できる。
撮影素子が小さいので小さな絞りでも大きな被写界深度が得られパンフォーカスが得られやすい。結果、高感度で早いシャッタースピードが得られ、プラスそこそこの手振れ補正機能で広角夜間撮影が得意。(最新のコンデジ全てにいえるかも)二重露出するほどの場面が少なく必要性がないほど。

DSCF0674.jpg

ミラーレスゆえヒストグラム確認しながら露出補正ができる。ダイヤルでの補正の為非常に調整しやすい。液晶が上出来。各種設定がしやすい(私はあまりいじらないタイプ。)



続編です。
金閣寺から嵐山あたり

あまりの曇り空と写真の出来栄えが悪いので、弄り回してみました。
DSCF0677.jpg

DSCF0685.jpg
この鳥は何じゃらほい?

DSCF0799.jpg
嵐山近辺

DSCF0800.jpg

これは先斗町
DSCF0775.jpg

DSCF0779.jpg

DSCF0776.jpg

DSCF0780.jpg

DSCF0793.jpg
関連記事
[ 2012/02/12 21:30 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

京都にて その3

仕事終わりの合間を縫って市内を回ってみました。
嵐山、金閣寺、清水寺など回りました。大半は曇り空でしたが、青空も広がる日もありました。
撮影機材はやはりすべてX10です。

DSCF0717.jpg

DSCF0722.jpg

DSCF0743.jpg

DSCF0753.jpg

DSCF0762.jpg
関連記事
[ 2012/02/12 18:26 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

京都にて その2

大阪で一晩過ごし、朝から京都へ向かいました。
早めの京都駅近辺は寒い! *撮影はすべてX10

DSCF0602.jpg

温かいコーヒーをすすりながら。
DSCF0600.jpg


DSCF0595.jpg


DSCF0594.jpg

早すぎた到着でしたので少しあちこち回ってみました。

DSCF0591.jpg



夜の部

仕事を終えてからの京都駅の様子。
正直、疲れて駅近辺しか行動できませんでしたが、面白い構造の駅でした。


DSCF0647.jpg


DSCF0649.jpg


DSCF0650.jpg


DSCF0661.jpg


DSCF0668.jpg
関連記事
[ 2012/02/12 10:05 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

京都にて

さて仕事の関係で京都へ行きました。
四季を通じて面白い場所というイメージでの京都ですが今回はどんなたびになることやら。


まずは実家の大阪へ向かい、焼肉の鶴一で有名な鶴橋という駅のコリアン商店街の様子と実家の近辺から。

DSCF0579.jpg
ほかにもあるのですが、ボケボケでしたのでマシなものから。
鶴橋で父と合流。久しぶりの父と夕食をともにしました。

DSCF0582.jpg
ほぼ7年前ぶりに実家に足を運びましたが、地域や実家のあまりの変貌振りに言葉をなくしました。

DSCF0589.jpg
早朝の実家のマンションからの様子。

幼馴染、子どものころに世話になった地域の方々の近況を聞きながら深夜まで語り明かしました。
父は78、母は75歳。自分が子どものころ、手を引いてあちこち連れ歩いてくれた思い出を思い返しながら父の話に耳を傾けていました。
関連記事
[ 2012/02/11 21:46 ] My Photo | TB(0) | CM(5)

Nikon D800/D800E発表

http://link2.in/jump?http://www.nikon.co.jp/news/2012/0207_d800_01.htm

36,3メガピクセルは貧弱なパソコンでは難儀するし、ハードディスクもすぐ手際になるかも。
使用目的を選ぶカメラ?かも。

各メーカーの事実上のフラッグシップが2000万画素以下。

後はあなた様次第かな。

私? うーん、必要ないでしょうか。
マーク2もd3sも私にはもったいナイほどの機材です。

さて二月の京都はいかがでしょうかね?きっと寒いでしょうし。
仕事メインですのでX10をお供に行ってきます。
知らない土地は収穫の見込みは薄いです。
関連記事
[ 2012/02/07 23:33 ] その他 | TB(0) | CM(1)