PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぶらり雨天キャンプ 秩父せせらぎキャンプ場

IMG_0304.jpg

天気予報は裏切ることなく雨の到来。


IMG_0310.jpg



ストレス解消の為には決行するしかない!

車で向かい、車中で安いバンガローが手配できないかと検索。

幸いにも見つかり、現地へ。

自然環境が良い所を選んだ。

僕のキャンプレポートは、なるべく具体的な名称は使っていません。

どんな迷惑をかけてしまうかわからないからです。

まれに「ここはどこ?」「この写真を使わせてください」といった問い合わせには対応していないので、あしからず。


今回は、マクロレンズを持ち出し、遊んでみました。

IMG_0295.jpg


IMG_0233.jpg


IMG_0241.jpg


IMG_0252.jpg


IMG_0257.jpg

梅雨で雨がさんさんと降っていますが森の中で濡れた枝をたくさん拾ってきました。おかげで一日中、焚き火を楽しみながら、気が向けば撮影を楽しみました。趣味三昧です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/19 20:37 ] キャンプ | TB(0) | CM(2)

雑感 キャンプ道具

文字色キャンプ道具について

良いものは高い? 安かろう悪かろう?

IMG_9907.jpg


一時期のアウトドアブームはやや下火になり? 落ち着いたキャンプが楽しめることが多い。またファミリー向けの場所を避けていたり、クルマの乗り入れがしにくいところが空いていて、好みです。大型連休は動かない。渋滞が嫌いな私です。


ところで、いわゆるキャンプ道具について雑感を
オートキャンプは自動車で現地に乗り込み、テントなど居住空間の側に車がある。荷物の出し入れが便利。
道具類の重量制限がなくクルマにつめれる範囲で好きに道具を持っていける。それ故、自由度が高い。

登山系のキャンプ用品。
リュックサックに荷物を背負うため、道具の総重量の制限が伴う。
軽量化が図られた道具が多く、軽量かつ高価なものが多いが、メンテナンスをしっかり行えば長期に渡り維持できるものが多い。命を預ける道具については詳しく知らないので割愛。

それぞれの共通すること。
生活の利便性は道具の性能や、ある、無しで差が付きやすい。しかし何がしたいかも重要。
僕の持ち物は、大半がオートキャンプ製品。命がけ、体力勝負ができないから(したくないから)

<安物でも工夫次第>
今のところ時代遅れの4000円のロゴステントで困った事は一度も無いです。家族用にはコールマンの立派なものもありますが。
安もののぺらぺらブルーシートを敷き、その上にテントを張っている。ペグは硬い地面や強風の場合に備え、30センチの屈強なスチールペグを必要に応じて使用する。ぐんぐん地面に入るペグはもはや会館でもあります。ちなみに持ち物で最も高価なものがモンベルの羽毛の寝袋。テントマットにはヨガマット(300円ほど)を併用してます。
両者で寒い、地面が痛いで困らないようにしています。

夏でも高山?でのキャンプは冷えます。避暑地とはよく言ったものです。
そのときに困るのが結露です。夏の高山、晩秋は結露します。テント内がぬれます。
そういう時が予想できる場合は、安物の車用のサンシェード(フロントガラスにつけるギンギンギラギラの奴)をテントとテントカバーの間に固定し、気温差を少なくします。すると不恰好ですが、結露を最小限にできます。お試しあれ(w

高価なバーナーや簡易ガスレンジもありますが、焚き火の熱源を利用します。
利用の仕方は炭火の着火、または湯沸し。朝飯の為の汁物作り。何を作るかで使い分けしています。
BBQには焚き火の熱源は向きません。



さて、スノーピークというキャンプ道具専門のメーカーがある。
はっきりいって値段設定は「ぼったくりかよ!」と言いたくなるものが多い(失礼)。

アンチスノーピークでもない私は、焚火台が気に入り、愛用している。
頑丈さは素晴らしく、大量、かつ巨大な薪を飲み込んでくれる。できれば面倒なアフターを避けたいがために現地の設備を使うことも多い。焚き火の夕景写真が過去記事にあります。

IMG_9953_20110614224458.jpg


このように、よく考えられた道具があると同時に、???という高い値段設定と必要性に疑問を感じるものもある。いったい、キャンプで何がしたいの?と首をひねりたくなる品々が専門店に並びます(笑
まあ、私を含め、人それぞれなんで、必要なもののみ購入すれば良いと思います。

専門店で実物を確認し(値段、重量、大きさ)ネットで格安品を見つけ(これは得意です)
その他で代用できるものがあれば百均かホムセンで調達、自作する、見た目を気にしない、貧乏キャンパーです。

百円ショップは侮りできない品物があり、ホームセンタではさらに応用できる品々に出会える。
「え?こんなもの使えるの?」という現場仕事でのツールを想像力をたくましくして、狙い通りにツールを使いこなせたときの達成感がたまりません(笑。
世の中、ネット時代。商品について様々な情報も、賛否の意見も入手できるので、入念な下調べを暇なときに。


アフターケア

これがとても重要。
キャンプを終え、自宅に戻ってきてからの道具のメンテである。

巨大すぎると、乾燥が困る。
湿ったままだとサビが出る。カビも生える。

アフターを考えた品物選びと現地処理が重要です。

予算内の楽しみ
少し筒増える道具たちですが、それは月々の予算の範囲で購入。
ガソリン代、食費、高速代、キャンプ場使用料。なんだかんだでお金もかかります。
安く上げるに越したことはありません。
だけどもお金をかけるところにはしっかりとかけないと後悔します。


おしゃれな都会派キャンパーには程遠い、雑感と実態です(恥
人それぞれ、10人10色の楽しみ方があるはずです。メーカーに踊らされず、自分がしたいことを考え、追求してゆく楽しみがあります。人をうらやまず、蔑まず、自分流でゆきつつ、先輩キャンパーにも学ぶゆとりをもって。今後も楽しみます。


仕事を引退したら、カメラとキャンプ道具を車に詰め込み、日本中を回ってみたいと思っています。
なので、精一杯働き、遊び、健康でいたいと思う、欲張りナ自分です
関連記事
[ 2011/06/14 22:18 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)

どっちを多くするかは、自分で決めること

岳1_1~1

一月も遅れて、、邦画「岳」なるものを鑑賞。

池袋にて。


映画は、月に一度は必ず見に行っている。気が向けばレポート。

最近の邦画では、秀逸なものが良くあるので、期待した。

個人的には小栗旬という青年はとても好感が持てる。

少し馬鹿っぽい好青年を演じる小栗旬。その笑顔の裏には。。なんてありがちな設定だが。

佐々木蔵ノ介の所長の迫真の演技。渡部篤朗の渋い脇役に支えられ、見ごたえがありました。

長沢まさみの好演技もよく、怪我だらけのメークで熱演。

無理な設定や神速の足取りで駆けつける主人公の尋常ではない技術などツッコミ所には目を瞑りましょう。

全体として、やや軽めであるが、満足の行く仕上がりで楽しめました。最近の邦画がんばってますね。

小さな子役の台詞に
「悲しいことが起きるのが、山の半分。
楽しいことがあるのも、山の半分。
二つあわさって山なんだ。
学校も、いやな勉強が半分。
楽しい遊びが半分。
生きるも、死ぬも、半分。
どっちを多くするかは、自分で決めること。」
という言葉は印象に残りました。


IMG_0214.jpg



この映画を見て、私も真冬の登山を!とは到底思いませんでしたが、雄大な自然を前に、思い切り伸びをする主人公の思いに近づきたいものだとあこがれました。しかし現実は。。。
まあ、自分流に自分の人生を充実させてゆきたいものです。だれになんと言われようとも。

IMG_0216.jpg
ノーファインダーにて雑踏を。
関連記事
[ 2011/06/12 23:13 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

ご冥福を祈る

職場の先輩であったかたが亡くなった。

残念なことだ。自分は、そこそこ気が合い、よく話をしていた記憶がある。

焼香の際、様々な思い出が蘇り、泣き崩れてしまった。

残された遺族の方々に幸多からんことを祈ります。

またどこかでお会いできるといいですね。



○○さんへ。
関連記事
[ 2011/06/11 22:39 ] その他 | TB(0) | CM(0)

週末の楽しみ 正丸キャンプ場

土日もぶらりと遠出。

IMG_0154.jpg
 
マイナーなキャンプ場が好き。
静かで、広々と好きなだけ心も体も延ばすことができます。
生活の設営の片手間に撮影を行いました。

今日の管理人さんは、こちらの情報も一切取らずに世間話だけで受け入れてくれた。
客は私一人であった。
八町ばかりの山林を所有されており、そこで材料を作り、管理人さんが5年をかけて自作したログハウス。
御年80少しだそうである。

IMG_0205.jpg

「好きなところで、好きなように」との言葉に甘え、贅沢な時間を過ごしました。

IMG_0162.jpg

IMG_0171.jpg

川の流れは奥入瀬とまでは行かないですが、キレイな川で釣りでもしたくなるほどでした。
あいにくNDはなかったので、できるかぎりスローになるよう工夫。

IMG_0182.jpg

晴れたり、曇ったり忙しい天候。

IMG_0153.jpg

夏の訪れを感じますね。よく探せばイモリや水生昆虫などがいそうでした。

定番の焚き火を起こすともうもうと煙がでて、太陽光の姿が浮かびました。

IMG_0164.jpg

夕食はスペリブの炭火焼き。クレイジーソルトって美味しいなぁ(笑
関連記事
[ 2011/06/05 21:34 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)