PAGE TOP

記事紹介:原発の近況と放射能

同感する記事、人物に出会ったので紹介します。原発七不思議  3億ベクレルと60京ベクレル・・・見事な変身
1
年1ミリシーベルトが「適切か」という議論は要らない. それが40年来、専門家が協議して決めてきた放射線量だから。それがなぜ覆され、子供にすら20ミリ(外部だけ、それも室内を2.5分の1にしてあるが)の被ばくをさせているのか?


新潟の柏崎刈葉原発が中越沖地震で壊れたとき、大気や海水に3億ベクレルの放射性物質が流れたとされている。

昔から原発に批判的だったある大手の新聞は、事故の後の7月17日朝刊1面の見出しで、
「放射能を含む水、外へ 柏崎刈羽原発揺れ 国内最大」
と書いた。

ところが、福島原発では、3億ベクレルの20億倍、60京ベクレル以上の放射性物質が大気と海に流れたのに、

「健康に影響がない。もともとガンになる人は全人口の33%なのに対して、100ミリシーベルトをあびても0.5%にしか過ぎない。だから今回の放射線はたいした事はない。」
という記事を出した(2011年4月24日日曜日朝刊)。

3億ベクレルなら大変だが、その20億倍の6京ベクレルになると安全になるというのがこの新聞の考え方だが、このような突拍子もない考え方はどこからでてくるのだろうか?

時々、大新聞の取材を受けるが、記者はとても優れていて、常識的だ。そしてやや政府にも批判的で、記者としての精神も失っていない。
それが、原発と放射線のことで大転換を行った理由はなんだろうか? 普通に考えると「福島原発では、政府の圧力に負けた」となるが、本当に大新聞ともあろうものが、そんなに簡単に政府の圧力に負けて、「20億倍のジャンプ」をするのだろうか?
それも4月25日というとすでに福島原発はかなり安定していて、「パニック」になる可能性などはない。だから、なおさらその「見事な変身」に驚くばかりである.
福島原発では、大新聞ばかりではなく、これまで「放射線は怖い」と言い続けて来た人たちが大きくその発言を変えた。そのうち、「専門家」と言われる人たち(放射線の専門医とアイソトープ関係者)の変身ぶりもかなり見事である.


・・・・・・放射線の専門医・・・・・・

あるお医者さんから「放射線の専門医の国家試験」の問題集を送っていただいた。それを読むと、「低線量率の障害は確率的」であると毎年、出題されている。

ということは、「放射線の専門医」は「低線量率で致死ガンと遺伝性障害」がでるということを「専門医の国家試験」では「正しい」と回答していた。
しかし、その専門医の一部の先生が福島原発については「低線量率では何も起こらない」と繰り返し発言している.

これも普通に考えると、
「確かに、医師の国家試験の時には合格しなければならないから、1ミリでも致死ガンになるというのに○をつけたが、普段から低線量率ではガンにならない」と個人的に思っていたが、言い出せなかった。だから、実際に福島原発で大量の放射性物質が漏れたので、自分の本心を言おうと思った。」
と言われるだろう.

・・・・・・アイソトープの専門家・・・・・・
普段は、「放射線を業としている(規制値以上のものが多くなれば儲かる仕事)」彼は次のように言うかも知れない。

「普段は規制値が低い方が商売の対象となるものが増えるので、それだけ儲かるから、1ミリと言っていた。しかし、事故のあとは、私のところは政府の補助金が入っているので、政府が100ミリと言えば、それに従うしかない.それで子供がガンになっても、自分の生活が大切だから仕方が無い」

いずれも違うと思う.
すでに、日本社会は事故から1ヶ月半になり、パニックになる雰囲気でもないし、大人は少しの儲けぐらいで、子供の被曝量を増やすのも良くないことは知っている。
私は「新聞記者も医師も、専門家も急に変節した」という原因は、次のことと思っている.
1.
3億ベクレル(健康に影響が無い範囲)なら判断できるが、6京ベクレル(健康に影響がある範囲)になると、怖くてどうしようもなくなり、頭が真っ白になって判断力を失った、
2.
6京ベクレルの結果を見るのが怖かったので、とりあえず影響がないということでごまかしたかった、
3.
科学的事実を直視する勇気が無く、自分で判断しなくてすむ社会の空気を重んじた、
ということのように思う.





大人の勇気と判断力が、子供の運命を決めるのは今に始まったことではないが、日本人として残念だ。




(平成23年4月27日 午後8時 執筆)






武田邦彦
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/28 22:04 ] その他 | TB(0) | CM(2)

群馬でキャンプ&少し撮影

震災、原発、いまだ続く余震。。。気になることは尽きないですが、ストレス発散にキャンプへ。
久しぶりでしたが、行きなれた群馬県、榛名山のふもとのキャンプ場にてデーキャンプを楽しんできました。

帰り道々、温泉につかったり、桜がキレイでしたので久しぶりに少々撮影。

IMG_9922.jpg


良い気分転換になりました。

がんばって生きてゆかねば。。。
関連記事
[ 2011/04/25 21:40 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)

これからの日本2

とうとう、というか以前から予想されていた内容であるが。

今日、日本を代表する原子力の権威たちのグループから以下のような提言が発表された。


要約すると

1.現在の原発の状態はよくなる見通しが立たない事。
2.燃料の冷却は最優先事項であるが長期化し放射性物質の拡散を防ぐ事が非常に困難であること。


御用学者と揶揄される東大系学閥の学者たち。
このものたちの言い分はすでに素人の私からみても最早、科学者のていをなしていない。

安全であることを殊更に強調するのみで、正しい学識、科学者としての科学的に物事を説明する態度を逸脱している。
・高濃度の汚染水は海に希釈され問題ない。
・海の魚は海藻を食べているから問題ない。
・1960年代、世界中で核実験されていた時代は、現在の1000倍から10000倍の放射能があったから問題ない。
・マイクロシーベルト 一般的には毎時を指すが、瞬間の数値なのか、1時間単位を意味するのか、年間の許容量をさすのかをごちゃ混ぜにして発言する。一瞬のレントゲン写真と年間の数値がおなじであるなら単位を揃える必要がある。例せば一瞬1秒の被曝が1なら毎時はすくなくともその60(秒)×60(分)=3600倍であり、年間被曝量はさらに24(時間)×365である。これの説明を怠っている。

結果、理論上、瞬間被曝量が1マイクロシーベルトなら
毎時3600マイクロシーベルトであり、年間被曝量は31,536000マイクロシーベルトなのである。

文部科学省発表された現在の東京都文京区の空中線量0.17uSv/hourであり、4uSV/day。
年間に直すと理論上、1460マイクロシーベルトになる。
1,46ミリシーベルトである。これは現状が維持されればの話しである。
ちなみに健康を害しないとされる許容量は年間被曝量は1~2マイクロシーベルトである。

では、空中、ないし空間線量が低いから安全と言い難い現象、あるいは、飛来した放射性物質の溜まりやすい場所は何処だろう。地面? 畑? 屋上? グランド?
こどたちの安全は? 自衛の手段はあるのだろうか。

放射線は距離の自乗に反比例するから安心? それは福島から遠いからという言葉のマジック。
放射線は放射性物質から吐き出されています。
飛来しているからこそ放射能が測定されるのです。
呼吸で放射性物質を吸い込めば、比例します。距離の自乗の距離が1以下になれば比例しますね。
半減期? 短い半減期のセシウムの例では8日間ですが連続して吸い込めば、半減量の違うセシウムで被曝は延長されますね。花粉症で長期に悩ませれるのに似ています。だから体内被曝は怖いですね。

家の屋上内と屋外なら被曝量は違うか?
換気条件によっては屋内侵入はありますし、放射能は壁をすり抜けますね。
答えは屋内、屋外とでさほど被曝量は変わらないということです。

だから自衛が大切。

体内被曝を防ぐにはマスクです。
換気条件は悪くするしかないです。
食物、水はよく選ぶしかないです。
空間線量による被曝は防げないので、諦めましょう。

自己防衛が大事ですね。

今後、福島原発で爆発事故が起きなければ、現状維持がされれば、なんとか健康維持はできそうです。
水素爆発でも偏西風のおかげで救われます。水蒸気爆発の場合は、東日本全域、あるいは、北半球がやばいですが。
爆発の規模が違いますからね。

世界の皆様へ。
大平洋を汚し、問題ないという学者がいる日本を許してはくれないでしょうが、もうどうしようもない現状です。近海の環境が汚染され、食物連鎖による生体濃縮のサイクルはすでに始まっています。
回遊魚は時間と共に汚染されることでしょう。千島海流、日本海流のぶつかる地点は汚染されることでしょう。
残念でなりません。世界中の回遊魚に迷惑をかけてしまうことでしょう。
それでも日本人は生きてゆかねばなりません。
どんなに世界に迷惑をかけようとも(涙

海洋汚染、北半球汚染、本当に申し訳ないことです。



我々日本人は、プレートテクトニクス理論において大変、危険な大陸棚に位置する日本に極めて危険な原子力発電所を54基も作り、その恩恵で日本を発展させ、その恩恵で利権を貪った政治家、官僚、学者、企業を野放しにして来ました。そしていつも悪い事が起きると他人のせいにしてきました。厄介ごとは他人に押し付けることで、割れ関せず自分の享楽のみ追及してきました。この様な自体になってなお、地球温暖化の原因はCo2にあると信じ込まされ、節電節節電と暗に原発の必要性をまだ信じ込まされていることに気付かず、
大事になって今始めて、我々日本人の愚かさに気づきます。

それでも生きてゆかねばなりません。
取り返せるものは なんとしても取り返すしかないのです。
危ないもの、人の手に余るものは排除するしかないのです。
どんな苦しい時代になっても、生きて行くしかないのです。
子供たちに美しい日本を残せてあげられないのは非常に残念です。

青年はもっときびしく政治を監視しなければなりませんn。

安全と叫び、自粛であって規制ではありませんんと国民を欺き、家族を国外へ逃亡させる卑劣な政治家を許してはならないでしょう。
人の命よりも選挙や党利党略で判断を誤る政治家を決して忘れまい。
首相の退陣論に対して、
では誰がこの問題を収束できるのか、具体的にあげてください!
それは、だれにも最早できそうにないと言っているのと同じぐらいの意味かもしれません。
それこそ、未曾有の人災だからです。きっかけは未曾有の天災ではないにせよ。

今日はこれぐらいで。乱文、すみませんです。







漁業が衰退し



関連記事
[ 2011/04/17 00:04 ] その他 | TB(0) | CM(0)

これからの日本

これからの日本はどうなっていくのだろうか。

今の原発の状態は

「最悪な状況が安定的に持続しているに過ぎない。」

ものすごく気になることを数点、列挙してみる。

1 すでに再臨界がおきている。
 
 福島原発の現状を撮影した写真を見ると、見事にコンクリートが吹っ飛び、鉄筋がむき出しになっている。
しかしよく見ると、コンクリが吹き飛んだと思われる建屋は真四角に残っているものが1つ。天井部が吹き飛んでいるものが1つ。
これら2つの間にある建屋は、鉄筋が内側にひしゃげたようになっている。

この真ん中にある建屋の状態が意味することは何であろうか。

プルサーマル燃料のペレットがつめられた燃料棒がある。ジルコニウムという素材でできている。
これらが高温にさらされ、溶融を起こすと、水と化学反応を起こし、水の酸素を奪い、水素を発生させる。空気中の水素濃度がある一定の濃度に達すると自然爆発を起こす。
この水素が、初期の爆発の原因である。原子炉に詳しい専門家であれば誰でもが知っている化学現象である。
建屋の構造上、この水素爆発を想定して、天井部が抜けるように設計されている。
燃料棒の溶融が起こっていると想定すれば、爆発が青こるのは自明の理であった。。。。らしい。

上記の鉄筋が内側にひしゃげた現象は、外側に広がる爆発の結果起こった現象とは到底理解しがたい。
むしろ超高熱にあぶられたと言ったほうが自然な状況である。では、その高熱を生んだ原因は。。。。

2 廃棄燃料プールにあった崩壊熱を発する廃棄燃料たちの行くへ。
 
原子炉の状態ばかりが当然注目されるが、建屋3階あたりに設置されていた廃棄燃料プールの状態がほとんど話題になっていない。上空写真からわかることは、その現状は、相当厳しいものがあり、政府が「注水」と表現する、我々で言うところの「散水」が、実は壊れた廃棄燃料プールに注がれているのでは…。と邪推する。
ちなみに、廃炉となった「もんじゅ」は、廃炉となった今でも、年間500億の経費をかけて維持管理されているのに。

さて、建屋3階の廃棄燃料プールにあった燃料棒たちは、青森の六ヶ所村の3000トンの廃棄プールに行くこともできず、管理保管されていたようである。(すでに六ヶ所村の廃棄プールは満杯近くらしい)
水素爆発で吹き飛んだとすれば、廃棄燃料棒のその後の行くへは。。。<むき出し放置なら、とんでもない放射線量が近辺をただよう。><(不活性化されているとはいえ、崩壊熱(半減期を繰り返し、徐々に消滅に向かって熱量を吐き出しながらご臨終を迎えさせているというが、セシウムの半減期8日に比較し、プルトニウムは2万6千年)><中性子をぶつけなければ核分裂は起こらない>

廃棄も難しく、管理にも莫大な維持費がかかる原子力発電。その負の遺産をどう処理するかの目算を立てずに現在まで来た。事故が起こるまではこういった事実は、マスコミではタブーになり「安全」がまかり通ってきた。いや、きてしまった。

3 さらなる危険が潜む、水蒸気爆発
 コントロールを失い再臨界を迎えた燃料の推定温度は何度だろう。ちょとググればわかります。その高熱の状態のものが水と接触すれば。。。水は一瞬にして水蒸気となります。
<コントロールを失うとは制御棒(中性子がぶつかり核分裂がおこることの反対で、中性子を吸収することで、分裂を起こさせないためのもの)>

みなさん火山の爆発をご存知でしょう。高温のマグマ(地下の鉱物が液状になるほどの高温)が地下水脈と触れ合うことで起こる大爆発。これと似ていることが起こりえるのが、隠れた原子炉事故における危険性。

4 かわいそうな日本から、世界への脅威 テロリスト国家「日本」へ。

 なんだかおおげさですね。しかしどうだろう近隣の国が高濃度の汚染水を海へ垂れ流して平気でいられるだろうか。ある国で、ある企業が汚染された水を放水し、環境汚染の罪で、高額な賠償命令が下ることは当然の理です。
日本は地球規模でそれを行ってしまった。(危険の優先順位のための判断であろう)
東京電力は、「低濃度汚染水であるし、海は広大だから、薄まってしまうし、問題ない」という答弁をしていた。このような言い訳が通るのは国内だけの論理であろうし、歴史が必ず、このことの正邪を明らかにするであろう。

では、東京電力は、この判断を誰の許可を取って行ったのだろう。不思議なことに、広報のものが説明しただけで、東京電力の幹部(責任者)の名前も、政治家、政府の名前も、微塵に出てこない。このような判断を一企業が判断できるものではないはずであるが。。。

4 風評被害? 
 風評被害が起こるのは、真実を明らかにしないからであって、隠すことで風評は巻き起こる。気象庁の放射線飛散予想データを隠したのは? チェルノブイリの強制避難圏、ベルラーシの強制避難圏の両方の値をはるかに超えた数値なのに、「自主避難」としか言わないのはどうしてだろう。「直ちに健康に危険はない」というが、では、いつから健康被害が出るのか、現状ではあきらかにできないのか、しないのか。10年後は、我々の知ったところではないということなのでしょうか。原発事故に詳しい、専門家や評論家が、危険と言うことを口にするとブラウン管からいなくなるのはなぜ? 汚染された牛乳を汚染されていない牛乳とで混ぜ合わせ、汚染濃度を下げれば、問題ないと?? さて何を信じてよいのだろうか。。。。

5 これからの日本
 国内では「安全」と認定された食物が、輸出先でストップがかかっているらしい。切り抜けた食品も、検査代金が上乗せされ、価格が跳ね上がる。国内でも茨城産の農産物は敬遠されがちなのだから、かの国で日本産のものは敬遠されるであろう。実は日本だって、今までずっとやってきた。輸入された物品が国内基準に合わないものはどんどんはねつけた。逆のことが起こっているに過ぎない。ひいては貿易赤字、企業の収益悪化、国内物価高、一般家庭の減益、税収悪化、食料自給率の更なる低下、犯罪率増加、治安悪化、新新興宗教の台頭。
どうなっていくのだろうか。
いまや世界は一国の勝ち逃げはできない。それぞれがつながっている。アメリカの国債をたくさん保有する日本。日本がコケれば世界経済の破綻を招く恐れも。うわー世紀末?? 





関連記事
[ 2011/04/10 23:01 ] その他 | TB(0) | CM(0)