PAGE TOP

花マクロ再び

悩みに悩んだキャノン用、中望遠マクロレンズ。ようやく決着がつきました。

候補は、KingOfMacroのタムロン90mmとキャノンEF100mm2.8LIS

決定打は新古品で安かったことと、タムロンは90mmをニコン用で所有しているので、違うタイプが良いかと判断したことでした。ちょうどニコン、キャノンのキャッシュバックがあったので予算的にもギリギリセーフ。ということでキャノンEF100mm2.8LISになりました。

早速、某植物園に出かけて試写しました。

IMG_9658.jpg


腕はともかくとして、なかなか良い写りで、タムロンに引けをとりません。

IMG_9667.jpg

背景に気をつけていけば、素晴らしい写りであると個人的に思います。

IMG_9680.jpg

マクロ撮影の技量は相変わらずですが、何とか上達したいものです。

IMG_9698.jpg

これで、マクロレンズは180mm3.5Lと100mm2.8Lで収まりました。
あとはバンバン練習のみです。

キャノン用のシステムがひと段落し、気持ちも落ち着きました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/30 21:19 ] My Photo | TB(0) | CM(7)

春の足音

まだまだ寒い今日この頃。
来週からは少し暖かくなるようです。

中古で購入したEF180マクロF3.5Lの具合を花で確認しようと近所に出かけました。

ここは毎年たくさんの梅がなる休耕地。
全体の1割どころか、1分ぐらいが小さな花を開かせていました。
IMG_9587.jpg

IMG_9604.jpg

IMG_9612.jpg

さすがに5分ほどで撤退。それぐらいまともに咲いていないので、帰りにガーデニングの花を数枚撮りました。
IMG_9621.jpg

IMG_9623.jpg

この180マクロ。写りは文句なしですが、いかんせん重いですね。とても疲れます。
でも好きだな、このレンズ。
関連記事
[ 2011/01/29 16:01 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

インフルエンザ

タミフルを飲んで少し落ち着きました。

やはり少し元気になると、だるいながらも現像練習
IMG_9409.jpg
50mm1.8?

やれやれと軽い頭痛はなかなか収まりません。
IMG_9091.jpg24-105F4L

オールドレンズ
オールドレンズのことをいろいろ調べてはいますが。
色合いの差は現像時の調整でのそ差を埋められるのですが、歪曲などの差も現像時の補正で、埋まりますね。
ちなみにこれは、ディスタゴン24ZF。
DSC_6971_convert_20090125211939_20110121194850.jpg
ここであえて、いろのりがどうのこうの言うつもりはありません。
独特ですが、撮影条件が違うといえば、それまで。


マクロレンズについて
メリットは薄いようです。
マクロプラナー100はヤシコンで素晴らしい評価。
マクロゾナー100Nもそん色ないとか。
アポランター125じゃ、高すぎて。
やはりタムロンか、キャノン純正100Lかな。

マクロは手持ちでマニュアルフォーカス。しかし自動露出や絞込み測光にならないメリットは大きい。
値段と手間の差に描写の差が同じくらいあるのか?

現在のところ、明確に答える人はあまりいない。
安いタムロンがすごすぎる。
最終は予算と好みかな。

師匠の撮影では、思うほどに高価なレンズの写真は少ない。
当然、格安のレンズで素晴らしい撮影をする。しかしきちんと良い点、悪い点をわきまえていらっしゃる。
しかし、最新のカメラはバンバン試して確認されている。
本当の撮影、上級者の姿だと感じる。
IMG_9095.jpg
関連記事
[ 2011/01/21 19:51 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

スナップ ボツネタ集

暇に任せて、少しずつ撮影した中から、ボツネタを拾ってみた。
ボツネタスナップ集

冬の水上
IMG_9369.jpg

ただの溝
DSC_8941.jpg

スタバもどき
DSC_9071.jpg

さいたま副都心
DSC_9060.jpg

自転車
IMG_8921.jpg

水面
IMG_8908.jpg

今時の
IMG_9111.jpg

ハイソなマンション
DSC_9090.jpg
関連記事
[ 2011/01/16 20:25 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

富士を目指して3

「富士を目指して」最後のアップです。

こちらは夜景バージョン。
定番の撮影地です。真夜中、真っ暗で電灯がないと危ないです。バルブ撮影、絞り優先などでとりましたが、初めての試みで魚眼でもとってみました。

魚眼は当然ながら歪曲が派手に出ますが、それなりに面白いですね。
PCニッコール24mmという古いレンズも活用しています。夜景専用機?のD3にて
DSC_9321.jpg


フィッシュアイ歪曲修正にて。ちょっと角度を入れ、ダイナミック感を演出。(独りよがりバージョン)
DSC_9326.jpg


正統派フィッシュアイ画像。
DSC_9332.jpg
ちなみにフィッシュアイはシグマ15mm2.8ASF

ヘタレな写真ですが、今年は山岳地帯から富士を臨む写真撮影をしたいものです。
 
関連記事
[ 2011/01/10 22:39 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

富士を目指して2 忍野八海~西湖

前回は、一般観光客に混じって撮影したとてもポピュラーな撮影地。
河口湖、山中湖、西湖、精進湖、田貫湖とめぐってきました。

今回は、その合間に見かけた風景です。

IMG_9474.jpg
これは忍野八海の池での一枚。ここってとても水がきれいに澄んでいて驚きました。

IMG_9506.jpg
ここは不細工な西湖での富士とは反対側の景色。川面が凍っていましたが底流では水が流れていました。
しかしなんというか、空のブルーが出すぎなぐらい出ています。ニコンブルーとはまた違う深い色です。

IMG_9487.jpg
西湖近くの氷のオブジェ。おそらくなんですが人気の無い西湖の為の人寄せパンダというところでしょうか。
気温の低い季節に、樹木に水をかけ続け、樹氷のように作ってありました。この手の手法で樹氷のオブジェがあちこちに点在していました。もちろん西湖だけでなく風穴や氷穴にもありました。
美しいか否かは、感性の問題ですかね。この場面も極端な空色が出てしまいました。僕の好みはニコンの色が好きです。キャノンの時折見せるこの色はちょと好きではありません。


日中は、キャノン5D?で24-105の超便利ズームで撮影。僕はこのズームが大好きです。
さて次回はいよいよ寒さを我慢しながら撮影した夜の富士をアップします。少しだけですが。
関連記事
[ 2011/01/09 22:55 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

富士を目指して 忍野八海~精進湖

IMG_9440.jpg
ポピュラーな撮影ポイント。忍野八海。

この三連休を無駄にせずに過ごそうと前々から計画を練っていました。
金曜の夜に出発し、現地に到着。深夜撮影→寝る→早朝撮影→寝る→食事・風呂→夕景撮影→帰宅。

こんな感じです。結果は。。。早起きできず、早朝撮影はだめでしたが、その他はなんとか計画通りに行動できました。
天気が良く、ピーカンなのは残念でしたが、いろいろと撮影ポイントを確認できたことは良かったです。
特に湖のポイントは水面の高さが変わり撮影ポイントに変化が出ていました。深夜、車で突入するとても危険。

過去に撮影したポイントや国道、入り組んだ場所は懐かしく思いつつチェックを繰り返しました。

日中の雲ひとつ無い味気ない風景にもかかわらず、富士の存在感はさすがでした。
場所によっては富士山の形が悪く出るポイントもあり(不細工なんです)
カメ爺の出現率も比例していました。当然ですね。

IMG_9518.jpg
本栖湖。確か千円札の裏にデザインされていましたね。

関西方面からの観光客も退去して押し寄せ、そこらじゅうで関西弁が飛び交っていました。
ベタな乗りツッコミはほほえましいのですが、「くどいなー笑」

IMG_9524.jpg


日中の撮影はすべてキャノンですが、太陽を背にしたり、半逆光であったり、完全逆光であったりといろいろ試行してみました。ニコンは条件次第ではかなりブルーが強く出る場面が多いのですが(これはこれでニコンブルー)
キャノンは淡い空色が多い感想です。しかしやはり条件によってはキャノンブルー(言い方は正しいかどうかわかりませんが)しっかり出ました。
被写体とカメラを結ぶラインに対して太陽がどう位置しているかを計算に入れることが可能であれば意図通りの色合いをカメラの設定や周辺減光を利用してキレイなブルーを出せるような気がします(実際は、偶発的です)
当然、撮影の時間帯が変われば色合いも変化しますね。午前中の低い角度からの太陽光の方が良い色が出ますね。

薀蓄はこれぐらいで、今回は快晴過かつ寒い天候の中、とても充実した撮影の旅でした。
貧乏旅行のついでに静岡まで足を延ばし、400円で(1時間)入れる天海温泉にも浸って来ました。
駿河湾を臨みながら薬湯につかると疲れが吹き飛んでしまいました。
関連記事
[ 2011/01/09 13:17 ] My Photo | TB(0) | CM(0)