PAGE TOP

ぶらり高尾山

DSC_4729.jpg

土曜日、早朝に高尾山に到着。まだ人もまばら。久しぶりですがどんなものかな。


骨折のほうも、だいぶよくなって来週からはリハビリしてくださいとのこと。でも実際、まだ痛いです。
今日は軽装備で挑戦。
登山装備など皆無です。ノースフェイスで身を固めた山ガールに馬鹿にされそう(笑。
カメラ片手にチノパン、運動靴。


DSC_4735.jpg


ここから道を逸れて山道。人が一人通れる道幅。
少し歩くと幅が広がりました。
DSC_4741.jpg

ちんたら歩いて山頂付近へ。速い展開ですね(汗

緑に囲まれてとてもよい気持ち。
なんとかイオンを全身に浴びて爽快です。急斜面での段差は肩にまだ響き、痛い。。。
途中で休んで汗をフキフキ。
時間帯、高度のせいか涼しい。
DSC_4743.jpg


ここらへんで富士山が見えるはずでしたが、残念。相模湖ピクニックランドが見えます。
DSC_4745.jpg


苔むした伐採材 無造作に積み上げられていましたが、それがまたなんとも。
DSC_4758.jpg


山頂付近のお寺さん。
天狗、愛染明王。禅寺。阿吽の呼吸の像。お土産、厄落とし、天狗ラーメン、おみくじ。。。
DSC_4768.jpg


まあ、みごとな観光地でした、ということですね。
DSC_4773.jpg


こういった本尊増乱の態をなしたところはどうも苦手です。まあしかたなし。楽しもう。
しかし、後から後から観光客が止め処もなくやってきます。大混雑。早めの到着はよかったです。
道いっぱいに広がって歩く中高年の方々には辟易しました。
DSC_4782.jpg



行きはケーブルカーで(はは、楽チンコース!)帰りは、リフトに乗りました。
本日これが最大のイベントで、かなり長距離をゆったり進めます。スキー場のものとなんら変わりありませんが
長ーい!おすすめですね。
DSC_4786.jpg


昼食は清滝から下山方向へT字路の突き当たり、高橋家のおそばがおいしかったです。マジ美味しい!!!!

こんな高尾山で、リハ(肩)&リハ(撮影)のリポートでした。
むかーし、高尾山近辺に住んでいたころは一度も来てなかったところでしたが、ミシュランの影響、テレビ等の報道の効果はでかいですね。大混雑?。

体はさすがにぐったり。JRで爆睡でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/19 23:10 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

骨折

長女が躓いた拍子に私につかまろうとジャンプ。

呑気に階段をおりていた私はとっさのことに対応できずに娘もろとも転倒してしまいました。

壁か階段で痛打した左肩は(ミシッ!)という香ばしい音がなっていた。

やばいなーと思いましたが、娘の無事を確認し(幸い怪我なし)ホッとしたものの、左肩のあまりの激痛にその後、ソファーから動けませんでした。

1日、様子を見ようと思いましたが寝返りも打てず激痛が走り、熟睡できません。
お医者様に見て頂くと、鎖骨から伸びた骨の肩の先端の方の所でY字のようにヒビが入っておりました。
あらら、やっぱりね。

今の所の困った所。
2,激痛で熟睡出来ない。
1,動けないので衣類のシワ出できた汗疹のような炎症が背中や臀部に起こりやすく、痒みで困る。かくので余計に悪
化。
3,予想以上に日常生活が困難。
着替え、風呂、痛くないないような姿勢の保持(これは睡眠だけでなく生活行為全てで)
4,庇う動きが、他の部分にしわ寄せするのか、普段、肩が凝らない体質ですが背中、肩が凝る。
5,固定具と目隠しにTシャツ2枚着用で、仕事中、滝のような汗。&激しい疲労感

休みをとるか取らないかで悩みましたが、何とか取らずに、現在に。

何故か、このような状況下でも、遠慮なく◎◎を投げてくる方が、、、、、。

自分の身は自分で守らなきゃね。


ちなみに早くても全治3?4週間。長いと1ケ月半らしい。
やれやれ。




関連記事
[ 2010/09/05 22:28 ] その他 | TB(0) | CM(4)