PAGE TOP

早朝から。

この日は代々木公園へ。

朝焼けしながら、ガスが漂い、幻想的な朝でした。腕がないのでこの程度までしか撮れませんでした。
reDSC_2954.jpg

近くの和田堀公園まで足を伸ばしました。関東平野部は紅葉まっさかりですね。

s-DSC_3117.jpg


s-ReDSC_3144.jpg



ss-DSC_3162.jpg



s-DSC_3160.jpg



なかなかの公園でした。

最後に新宿御苑。

DSC_3235.jpg


s-DSC_3268.jpg


reDSC_3278.jpg

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/29 14:15 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

装い新たに。

ブログの背景を含めたテンプレートを更新しました。

風景写真の映え方を見比べて決定しました。

どどーっと、↓へ、スクロールしてみれば、その差は歴然です。




マッキーさんの素晴らしい審美眼の前に、あえなく赤やその他色がきついことを喝破されたので(嫌味ではなく)もういちどやり直しました。


紅葉の赤の部分を色抜き。
smallDSC_2900.jpg

簡単なようでいて、実はちょっとコツがいるのです。原画は↑も↓も、光が強くて陰影が出すぎてしまいます。そこをうまくカメラ側のピクチャーコントロールとWBで下地を作って撮影、それでも陰影が強くなるのでシルキーでうまくレタッチしてやります。(言葉にすると簡単なようですがー)


続いて黄色の紅葉。

DSC_2932.jpg

完全な逆光条件での撮影。そこはこちょこちょ、いじじじ。。。

レタッチって、案外難しいです。(というか非常に難しいです。)いろいろプロフェッショナルな方々も苦労されているのではないでしょうか。
それこそ一冊の本ができてしまう。。でも、。そんなのないし?。


実は、今回、パソコンの中身を入れ替えました。
今までは自作パソコンで窓2000だったのですが、フォトショップを入れようと窓XPに変えました。
悪評高いのはXPsp1で、最初は戸惑いましたが、sp2にしたところ、うまくいきだし、sp3にしてしまいました。OS入れ替えに備え、いろいろとバックアップを取ったのですが、それでも完璧にはできず、それでも何とか、以前と同じような環境構築にいたしました。

それでは、フォトショップによる第一号作品。シルキーやNX2ほどうまくいかないのですが、練習して
うまく扱えるようにならないとね。
どれがいいというよりも、それぞれの特性を把握して、写真の状況によって使い分ける、あるいはここをシルキーで、ここをPSでという感じですかね。

DSC_2935.jpg


いやいや、都合二台分のOS入れ替え、環境再構築。。疲れました・・・・。
関連記事
[ 2009/11/27 01:14 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

紅葉 関東平野部

今日は代休。旗日に働くと嬉しいおまけが。天気の良いうちにぱぱっと近所のお寺の紅葉を撮りに出かけました。


車で三十分強のところにこんな素晴らしいロケーションがあったなんて。


reDSC_2921.jpg

キャノン派、ニコン派。。が大半。キャノン有利ですね。ペンタ、オリはあまり見かけず。
なんていろいろな機材を休みながら眺めました。キットレンズ組。サードパーティ組。純正組は少数か。フラッグシップ派(キャノン1D派はほとんど見かけず、D3は少数ながら3人。ニコンはD300クラスまで少数。D2*桁が圧倒的。キャノンはKISS組が圧倒的。5D系が少々。 やはり軽量、手軽な機材は人気ですかね。 マーケティング終了。

分かりやすいところから。
reDSC_2935.jpg

しかしすごいカメラマンの数だ?。もう怖気ずいて、遠慮勝ちに撮りました。

はっきり申し上げて、カメラマン多すぎて、なんだか押し合いへしあい。
「マナー違反だよ!」「ここは大丈夫なんだよ!」なんて怒号も飛び交う。


reDSC_2891.jpg

ここはおそらくは有名な撮影スポット。大勢のカメラマンがアリの子を散らすように。
こんなに見たことがないくらいカメラ、カメラ、カメラでした。
老若男女、わけ隔てなくカメラを手にしています。こんなにはやってるの?

reDSC_2882.jpg

特に女性カメラマンも1/4はいらっしゃっていた。ふむふむ。
ふと気づくと、僕のお腹あたりをじーっと食い入るように見つめるおじさんが。しかも体を右に約90度傾けて。

へーじ(#$●%*%&'&'!!)「な、何でしょうか?」
おじさん「あ、いえ、すみません、何時かな思って」
へーじ「はは」(びっくりするやんけ!)「★時☆分ですね。」(貞子か!っちゅうーねん!

さて気を取り直して。水面反射は欠かせません。
reDSC_2910.jpg


やはり年配の方が多いのですが、中にはNPSのマーク付の明らかに玄人っぽい人まで。
腰を労わりながらなので、ベンチに腰掛けては行き交う人々を眺めました。

reDSC_2900.jpg


明暗差が激しいと、現像はむつかしいですね。人間の目は実に素晴らしい機能です。

reDSC_2903.jpg

得意の反射系。。またかと怒られそう(笑
reDSC_2911.jpg


懲りずに、もう一回。わはは!
reDSC_2922.jpg


でも、自然環境よりは、管理された庭園のほうが明らかに紅葉の葉っぱが美しい。
ワイルド&広大な自然派? 美の追求のこじんまり庭園派? 

京都の竜安寺を多くの方が訪れる理由の一端が分かりました。いつかいってみたいものです。
*ちなみに、この日のロケは新座市にある平林寺というお寺でした。俗っぽいところえはありますが。
関連記事
[ 2009/11/24 13:51 ] My Photo | TB(0) | CM(5)

素晴らしきかな 師弟 仲間

六本木ヒルズ、ミッドタウンでは例年に比べると不況のあおりを受けているそうです。
それでも、多くの方が見学に訪れていました。

reDSC_28232.jpg
わざとイルミにピントを合わせず、幻想的な演出に応用する。。というべきでしょうか。
やすみやすみ撮影です。

reDSC_27982.jpg


偶然にもラブラブな場面が入っていました。世に言う盗撮っぽいですが(すみません)
reDSC_2781.jpg

この日は、写真を学ばせていただいている先生とご一緒できるので、あまり調子は良くなかったのですが見学、荷物番でもという思いでした。

ミッドタウンでも、素晴らしいイルミが展開されていました。
reDSC_2853.jpg


こんな場面が、こんなふうになりました。

reDSC_28592.jpg



点火!
reDSC_28432.jpg

プロビーで知り合った仲間と同様、集まったみなさんは、素晴らしい方々。純粋で、こよなく写真が大好きという方々。
写真を通じて、素晴らしい出会いに感謝の思いです。

僕にはプロビーの仲間、写真の仲間がいて幸せです。
関連記事
[ 2009/11/23 00:01 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

明日はどうしようかな

明日はうふふ。
へばらない程度にがんばってみよう!

散歩がてらD700とともに。
ご近所ぶらり。
さすがに六本木とは異世界です。

reDSC_2712.jpg

光が弱い分、ノイズが目立ちますね。ISO3200から1600へ。

reDSC_2717.jpg
踏み切り町の間に。

ぼちぼちイルミネーションが目立ち始めました。
これって、飾るよりも防犯の意味が強いと思うのですが。
reDSC_2722.jpg

街頭の明かりも、赤っぽかったっり、青っぽかったり。
reDSC_2725.jpg
夜はくねくねは楽しいです。


reDSC_2728.jpg
さすがに絞れないので、なんだかピントが来てないですね。

でも、D700は頼もしいです。
あ、内緒ですが、若干、変質者?に間違われかけたので退散(笑
夜中のウロウロは控えめにしましょう(爆
関連記事
[ 2009/11/20 21:13 ] My Photo | TB(0) | CM(5)

調子に乗ってモノトーン研究

今まで撮影した、モノトーンが似合いそうなものをモノクロにして見ます。
見る方のモニタの調整具合では、黒が強かったり、明るすぎる場合があるかもしれません。
ウィンドウズ環境とは、人によって微妙に色合いやコントラストが違うので、そのあたりはごめんなさいませ。いちおう僕の環境では、破綻のなきようにOKがでたものを厳選しております。でも、所詮、素人作業ですので。。専門の方もぜひ、感想などいただけましたら幸いです。


monoreallDSC_1571.jpg


monoreallDSC_0505.jpg


monoreallDSC_0441.jpg


monoreallDSC_0389.jpg


monoDSC_2560.jpg


monoDSC_0634.jpg


monoDSC_0364.jpg


monoDSC_0338.jpg


monoDSC_0276.jpg


monoallDSC_1789.jpg


monoallDSC_1781.jpg


関連記事
[ 2009/11/19 23:24 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

現像練習&モノトーン練習

現像練習中です。
暖かな色合いのライトでショーアップされたガラス越しの造花のアート。

allDSC_2705.jpg

このホワイトバランスもどうも中途半端で。。ぐっと暖色に振るべきか。。抜くべきか。。
悩みすぎて、寝れませんがな(笑



前回の記事の中の写真で、モノトーンにしてみようと思い立った写真です。
こっちはセピア。
llpppDSC_2685.jpg


こっちはモノクロ。
llppDSC_2685.jpg


印象が若干ちがいますねー背景の女性の写真とライトの光具合、その周囲の壁の質感、手前の煙突の質感がモノトーンで表現しても、がんばってくれているように感じました。

マッキーさんのブログにもコメさせていただきましたが、引き立つか否か。。そんな視点で遊んで見ました。

それにしても、奥の写真のモデルさん、とても魅力的ですね。クラシックな雰囲気で仕立てられていますが、素の姿もきっときれいなんでしょうね。あ、どうでもいいか(w

師匠曰く「いろいろやってみるべし!」とのことです。それが吉。。それが経験値。
関連記事
[ 2009/11/19 02:24 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

ついでに ぎろっぽん イルミネーション


腰の具合は良くなってきたとはいえ、薬で痛みを抑えているような状態。
そろそろと動いている日常です。ほぼ毎日、通院で腰の筋肉をほぐす?治療の日々です。

次も明るすぎて暖色が強いので、蛍光灯のホワイトバランスへと振り、若干、色抜きであっさりと仕上げました。いやー困った。
llDSC_2710.jpg
(腰が痛くても、ほとんど寝そべった状態で、現像作業なので楽チンですが)


知り合いのつてで、治療に赴きました。都内だったので助手にお願いし、帰りに撮影してきました。短時間でしたが、さすが六本木。埼玉の片田舎とは全く違う雰囲気で、カフェで頂くコーヒーも心なしか、美味しく感じました。

この時期、クリスマスを意識してか、あちらこちらでイルミネーションが焚かれ、ライトアップで雰囲気を盛り上げていますね。
「イタタ。。」などとうなりつつ、お馬鹿なへーじはシャッターを切りました。
allDSC_2660.jpg
この写真は現場の色合いに正直です。おっしょさんもほめてくれました!やった!

多くの仕事帰りのOLさん、老夫婦、カメラ好きが集まっていました。

久しぶりのぎろっぽんずるひーだったのですが、この通り以外はさすがに動かず、近辺を30分ほど撮影して終了。大変満足でした。

allDSC_2667.jpg
この写真、緑が暗闇であまりいい色にはならないのですが、その上、かなり明るいLEDに照らされて余計に変な色に。。現像でもどうにもならないのは仕方がないと。。いや、現像力が足らない?それともこんな場面を撮影した、へーじのセンスがない? だれか教えてください(笑

有名ブランド、ショップが点在し、見事なライティングでショーアップされていますね。
商売上手やわー。
allDSC_2677.jpg

allDSC_2685.jpg

こういう夜景撮影で威力を発揮するのはD700の定番ですが、低感度で撮影しても良い感じでしたし、ISO3200でもWEB用ならほとんど問題ないのではないでしょうか。少なくとも私の調整済みの現像環境ではざらついた感じも出ません。

おそらくはどれが低感度撮影で、どれが高感度撮影か分からないのではないでしょうか?
allDSC_2697.jpg

魅力一杯のライトアップとイルミネーションの織り成す美しさは、好みにも依ると思いますが、東京都心部の華やかさを少し感じてもらえれば幸いです。
allDSC_2698.jpg

今とても、RAW現像の研究にいそしんでいます。
ホワイトバランスのさじ加減、コントラスト、色抜き、色たし。。カラーコントロール。。
あくまで自然な色合いを出せるようになることが目標です。
allDSC_2703.jpg

この加減が非常にむづかしく感じます。才能などないので、じっくり研究していくしかないようです。一般には派手な色合いのほうが受けが良いのか分かりませんが、あくまで師匠の指南、指導を我が心に刻み込む思いで取り組んでいます。

allDSC_2704.jpg

最近のデジタル一眼レフカメラは、一段と性能の向上が著しいようですが、しばらくはこのD700と共に、撮影技術、現像技術の向上にいそしみたいと思います。

腰のほうも、痛み止め無しで過ごせるようになって欲しいです?。

*ここだけの話ですが、助手というのは。。。身内です(爆
関連記事
[ 2009/11/16 21:21 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

自由な時間 改め療養の時間

腰の具合は、ずいぶんと良くなってきました。
(写真<RAW現像せず、そのままJPEG>と時系列と本文には一切かかわりがございません)

llDSC_2366.jpg
いまいち綺麗でない空ですね。まあ仕方なし。(さすがに後ほど修正を加えました)

昔、腰をやったとき(椎間板ヘルニア)同じ症状の人から勧められたのはビタミンB12が効くということでした。
現在、この手のサプリはドラッグストア等で安易に手に入りますね。
アリ○○ンEX等始めとする製品がそうです。
今回はビタミン12が1500μg含有される商品を中心に選びました。 

allDSC_2360.jpg


一方、写真のお師匠様からはアイシングについての方法を教えていただき、応急措置が助かりました。温まった時は腰から砕けてしまうほどの痛みだったので助かりました。お師匠様、ありがとうございました。翌日からは医者から痛み止め、炎症止め。。

allDSC_2362.jpg

これらの総合的な結果として、劇的に症状は改善されてゆきました。
でも痛み止めの座薬は偉大でした。

llDSC_2361.jpg


こうなると、お調子者の僕としては、うずうずしてきます(笑

allDSC_2364.jpg


もちろん、お仕事への復帰も予想以上に早くなることでしょう。


allDSC_2368.jpg

良かったです。しかし用心用心!
関連記事
[ 2009/11/06 18:14 ] My Photo | TB(0) | CM(8)

自由な時間

また、腰をひどく痛めてしまいました。
仕事柄、よくこういう憂き目に遭います。
以前は椎間板ヘルニアで、呼吸をしても響くほど痛いときもありましたが、それに比べればまだましです。
今度も、ともすれば立てないほどに痛みが激しく、ちょとピンチです。
内心とてもあせったのですが、昨日医者に行ったところ、ヘルニアですね、との診断。
左足が上に上がりません。
座薬、炎症止め、筋弛緩剤を処方してもらいました。

こんな日は大人しくしているほか、ありません。自由な時間とは言え、とほほな時を過ごしています。空想に駆られながら少し前に過ごした自由な時間を思い出しています。




少し前に、撮影した野外活動時の写真です。
allDSC_2323.jpg



焚き火は、人を無口にさせます。
そこらに落ちてある薪を拾ってきてはくべてやる。。を繰り返しました。
allDSC_2309.jpg



クヌギやナラの枯れ枝はとてもよく燃え、僕のような都会者でも、簡単に火がつけられます。
allDSC_2318.jpg



調理するほど重装備を持って行った訳でもなく、気まぐれに、ただ単に火と戯れただけでした。本当に、気まぐれに。


日頃、雑踏の中で仕事をしたり、週末、撮影に出かける身としてぼんやり、過ごすひと時も悪くないものですね。気が向けばそこらの枯れ木を拾ってきては、投げ込んでやれば、いつまでも燃え続けるようでした。
こんな、現代では、贅沢な時間を過ごせるといっても過言ではないでしょうね。
早く、腰を直して、ばりばり撮影に行きたいものです。

ここは秋ケ瀬公園のバーベキュー広場。
遠くで野球に興じる声を耳にしながらゆっくりと自分と向き合えるところです。

allDSC_2320.jpg


これからの自分の趣味スタイルに、変化を与えるような数時間を過ごせました。

こうして、登山を趣味とする知人に野外活動のテクニックを教えてもらうきっかけとなりました。

はやく腰、なおってくれーーー
関連記事
[ 2009/11/05 16:34 ] My Photo | TB(0) | CM(5)