PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

反省と、都内 銀座編

reallDSC_1565.jpg


福島に出かけてから、あっというまの1週間(も経過してないですね)。
疲れた体を癒しつつ本日日曜の週末をスナップで過ごしました。
reallDSC_1565_20090928015353.jpg


福島へ行ってみて痛切に感じたこと、反省点は。。

人との出会いが素晴らしかったこと。
ペンション、オーナーとの出会い。
齢80間近の素敵な大先輩との出会い。
被写体に恵まれることの幸運。
三脚が重過ぎてへばりそうになること。
しかしながら絶景を求めていくには、体力勝負であること。
季節、時期を考えて撮影に臨むこと。
先輩の忠告にはなるべく素直に従うこと。。。(汗
reallDSC_1572.jpg


今、所有している三脚はSLIKのエイブル 300 EX。都内某所で7000円ぐらいで購入したもの。
安い割には、しっかりとした作りでほとんどブレを起こさず撮影できるのもこいつのおかげ。
でも。。でも重い。。
三脚は人生で3度買い換えるといわれます??
1.最初は安くて何でも良いや!で購入。
2.倶楽部や同好会の先輩から「三脚は重くて安定したものでないとだめよ!と効果で重いものを購入。
3.体力があるうちは重いものでも何とかなっているが、そのうち重すぎて「やだー!!」なってしまう。

reallDSC_1569.jpg


エイブル 300 EXは、1脚状態で、肩に担いで移動する分には、へーきなのですが、畳んで荷物として扱っているときの重いこと重いこと。ガシガシ足に当たって痛いし。。
疲れた体を癒しつつ、帰宅してからはもう一台、三脚を購入しようとネットでにらめっこ。
そして候補に挙がったのが。。
GITZO > 1シリーズ 4段 6Xカーボントラベラー GT1541T(自重は1Kgをきります。なのに耐過重8Kg)
という商品。しかーーし。高い。価格コムで76000円!(H21.9月現在)
これに別売りの雲台、プレートを買い足していると10万前後行く。。

うーーむな日々ですな。

reallDSC_1566.jpg

さてそんな思いを胸にひた隠しつつ、都内をぶらぶら。
ヨドバシカメラによってジッツオを確認したり。。
最新のカメラをいじったり。。
あーー疲れたと水出しアイスコーヒーをすすったり。
reallDSC_1574.jpg

なんだかいちいちおしゃれな銀座がとてもうざく感じたり。。
一歩裏通りの物言いたげな飲み屋街のほうが人間味が感じられたり。。

こりゃ、疲れてますな。。
寝坊はするし、電車で昼寝したから寝付けない。。。
はよ寝まひょ?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/28 01:57 ] My Photo | TB(0) | CM(7)

裏磐梯 その4 滝編

最後の滝は自信を持って覚えています。
ここは達澤不動滝という名前でした。
eallDSC_1489.jpg


立派な滝で、入り口の駐車場からわずか、10分ほどで到着しますが、非常に存在感あるすばらしいものでした。

reallDSC_1507.jpg

reallDSC_1510.jpg

reallDSC_1529.jpg
関連記事
[ 2009/09/25 20:37 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

裏磐梯 その3 えとせとら編

秋元湖と思っていた湖は桧原湖のようでした。あーなんだかわからなくなってしまいます。

気を取り直して。。大した写真でなくすみません。
夕焼け後、焼けがなくなってしまった桧原湖
reallDSC_1189.jpg


秋元湖での朝焼け
reallDSC_1202.jpg
天候も悪く、とても短い時間の焼けでした。
今後の撮影ロケーションの研究にしばらく散歩しました。

ここはまったくどこだかわかりません。
reallDSC_1224.jpg
のどかな田んぼのようなじゅんさいの畑のようでした。

reallDSC_1235.jpg
有名な??写真家が撮影したところと紹介を受けたような。。

reallDSC_1266.jpg
どこかのホテルの庭園からのぞいた湖沼。なんちゅーネーミング?

reallDSC_1334.jpg


早朝の撮影を終えた後、あちこちを回って8時の朝食に戻ってきました。
実は毎朝4時起床で部活の合宿のようでした。内心、うれしい反面、きつすぎるスケジュールに悲鳴をあげそうだったことは内緒です。


関連記事
[ 2009/09/25 20:29 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

福島県 裏磐梯 その2

まだ体に疲れが残っています。
早朝より現像作業。

「季節にとらわれず、そこにある風景の良さを精一杯、撮る」

劇的な夕焼けではありませんでしたが、そこにある一期一会の自然を撮るしかありません。
秋元湖(のはず)での夕景。実際は。。だったのですが、工夫して撮りました。

eallDSC_1154.jpg

アンダー目に仕上げてコントラストも高め。

reallDSC_1151.jpg
こちらは逆にコントラストを抜いて。
うーん、現像って難しいですね。統一感はありませんんが、いろいろやって遊んでいます。



reallDSC_1169.jpg

夕焼けの焼け具合は、マッキーさんの行っていたとおり、天候、気象条件で全く違う表情を見せてくれます。私も今あるものを、今あるもので精一杯、努力しました。。

こちらは焼ける前に、ぶらぶらと場当たりしていたとき、ボートが近づいてきたのを撮りました。
reallDSC_1138.jpg

きっとボートの方は撮影されることはわからないでしょうし、光芒の中に佇んでいることは、撮影者の角度だけの問題ですし。

reallDSC_1139.jpg
面白いので、釣り人をモチーフに。

確かここは秋元湖だったと思います。非常にいいかげんですみません。
関連記事
[ 2009/09/25 06:47 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

福島県 裏磐梯 その1

月曜日の早朝から福島県は裏磐梯へ2泊3日で撮影旅行。
首都高の事故渋滞で出発が遅れ七時間以上かけて猪苗代ICを降りました。
しかしバスはガラガラで寝そべっていたのでゆっくり眠れました。

現地の方の案内で様々な撮影地へ行きました。
出発前は、ぶっちゃけ今の季節は中途半端な季節(秋でもなければ、緑の夏でもない)
ので正直勧められないとの意見を頂きましたが、サンデーカメラマンはこういう時でもないと
撮影できません。写真の先生より「今ある季節の素晴らしさを撮ってきてください」との
心強い激励を頂き、勇気リンリン。(不安もいっぱいでしたが。)

その1では有名どころの沼をメインにアップいたします。
緑と秋色が混在する沼のほとりでした。
reallDSC_1095.jpg

腕が良くないので、現地の素晴らしさを全てお伝えできませんが、
とんでもなく、とてもよいところです。
reallDSC_1114.jpg

reallDSC_1115.jpg

秋っぽい表現をしてみました。
reallDSC_1117.jpg


とにかく見たことのないような雄大な自然、見たことのない美しい湖面、
福島県の素晴らしさに圧倒された2泊3日でした。
後編であるその2、その3もがんばって現像したと思います。
次回は秋元湖の夕景です。
関連記事
[ 2009/09/24 00:59 ] My Photo | TB(0) | CM(7)

再訪 お台場の夕暮れ

先週の日曜日、久しぶりの晴天に誘われてお台場へふらり。
ここの夜景は鉄板です。

しかし今回は夕焼けが撮影したい。。。

ここら一滞はフジテレビを中心に、浜辺もありちょっとした観光地であることは周知ですね。
こういう雰囲気を好む、好まざる、賛否があるでようけれど、そういう雰囲気とはうらはらに実によい風景写真の練習場でもあるともいます。
ぜひ三脚片手に練習に訪れる価値はあるようです。

自宅から車で遅くに出発し午後4時過ぎに到着。もう若干暮れはじめていました。
比較用に当着間もない写真。実際はもっと暮れていましたが。。
reallDSC_0999.jpg

(練習してみようと思う方へ)
撮影ポイントは商店街ビル群の海側、見通しの良いテラスで、人通りに邪魔されず、迷惑をかけないところを探すことから始まります。ただし板で構成された足場が多いので人通りの振動でカメラぶれが起こりやすい環境ですので、ご注意を。自分が動いても同様に振動でぶれます。
できればコンクリートの足場の場所が良いでしょうね。
駐車場は平日ならたいてい空いていますが、週末もなんとか止められます。ビル内の駐車場か海浜公園奥の海沿いの駐車場でしょうか。それぞれ撮影ポイントがあります。ただし三脚、カメラを持って動くので体力情熱が必要ですね。
レインボーブリッジの遊歩道というか散歩道もなかなかのポイントです。

reallDSC_1038.jpg

普通に撮ると(空に露出を合わせると)手前が真っ暗になるのはデジタルの特性。あ、フィルムでもそうなるかな。そこで暗い部分はあとでコントラストを除くか、シャドウ部の調整で黒っぽさを少々抜きます。調整の要は撮影時の適正露出が肝要なのは言うまでもありません。

残念ながら壮大な夕焼けは期待したほどではありませんでした。
ここらは運次第ですね。
reallDSC_1012.jpg

夜景は鉄板なので、暮れたあとは食事を楽しみました。
焼肉を食べながらレインボーブリッジを楽しみました。なんだか素敵過ぎて違和感が。。。
しかもおっさんの一人焼肉(爆

暮れ始めると海辺の屋形船が明かりをともし始め、太陽が沈んだ後の薄明るい時間帯も綺麗です。
reallDSC_1051.jpg

高級機をお持ちの方なら、夜景の撮影のポイントはご存知と思いますが、レリーズをつけるジャックを持たない入門機などはタイマー撮影でシャッターを押す時の振動でブレを防げます。

しっかりと三脚を固定して落ち着いて操作してゆけば大丈夫でしょう。
reallDSC_1055.jpg

修行中のへーじです。露出補正で液晶を眺めて、ヒストグラムでRGBそれぞれの適正露出を確認し
ての撮影です。入門機でもヒストグラムを確認してオーバーしないよう補正をしてやります。

最終仕上げで色合いを整えて不自然さを解消。
reallDSC_1050.jpg

そこそこ綺麗な写真ができたようです。
関連記事
[ 2009/09/16 00:50 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

モニタトラブル

何かの拍子で?? モニタの色合いが崩れたようでした。
もう古いしナー。機械的に機能の低下を起こしているかも。
くすんだ、つぶれた色になってしまい、ほとほと困ってしまいました。
スパイダーというキャブレーションソフトを使用して、何度も何度も調整しては見ましたが
やればやるほどに。。日を置いて、気力を回復させながら今日やっとましな状態に。
スパイダーからも基準値内に収まっているとの表示が・。
やったー! いや、ほんとにモニタを買い換えようかとも思いました。
どれだけ良い機材があってもモニタで色がずれてたら台無しです。。
さてとまっていた現像をちょこちょこやって昼寝。さすがに体は疲れていますね。

さてそんなわけで、適当にアップします。

丸沼高原の山頂です。天空の足湯があるところ。
reallDSC_0814.jpg
夏場でも、グラススキーを楽しむ若者であふれていました。こけたら痛そうでした。

中禅寺湖にいったおりの華厳の滝。観光スポットでしたが良いところですね。
reallDSC_0874.jpg

切り立ったがけも迫力ありました。
reallDSC_0882.jpg


reallDSC_0872.jpg

中禅寺湖ほとりの貸しボート。ちょと寂しげでした。
reallDSC_0854.jpg

長瀞渓谷の風景。
手前の商店街からすぐの観光地ではなく、ちょと奥に行ったところです。
reallDSC_0902.jpg

寂れた昔は賑わったであろうところ。
reallDSC_0924.jpg

reallDSC_0949.jpg


宝登山からの夕刻。焼けませんでした。
eallDSC_0965.jpg

風景写真は出会い物とおっしゃられたNAYさんの言葉もひとつの真実なんだなーと最近、とても痛感します。良い風景に出会えるよう、精進しなくちゃ!
関連記事
[ 2009/09/12 16:35 ] My Photo | TB(0) | CM(10)