FC2ブログ

PAGE TOP

撮影における考察? 「赤の飽和を防ぐ」

今日は休暇でしたので、ひとつ最近、ストイックに取り組んでいることを紹介します。
長いので、時間のある方だけどうぞ。

デジタルカメラの時代に入り、フィルム時代ではあまり考えなくて良かった問題に対処しなくちゃいけなかったり、デジイチを始めた方々は、デジイチがそれほどお気軽な素晴らしい写真を量産してくれるものではないことにお気づきではないでしょうか。
かえって調整パラメーターが複雑で、可変パラが2対で考えれれば簡単なのに、2対以上あることで、その複雑を実感されているのではないでしょうか。そんなときはプログラムオート撮影(Pモード)なのですが。。。これがまた信頼が置けないのです。

あ、本題にもどりましょう。
デジイチの弱点のひとつに色の飽和があります。
0?255だったか、その間の階調でしか色を表現できないために、起こる問題。
それぞれの色(RGB)が一定の条件(露出)の下でそれぞれが0?255で表現されます。
どこをメインに持ってくるかで、それぞれの色の出方の平均を撮らなければ色の出方、明るさや鮮明さに不均一な状態が生じやすい、それがデジタルカメラの特徴のようです。
フィルム時代ではあまり気にすることもなく、カラーリバーサルフィルムの補正撮影に近いです。


白で起これば白トビという現象。そこには真っ白な色の情報しかない。
黒で起これば黒つぶれという現象。そこには真っ黒な情報しかない。これはちょと違うのですが。。
いずれもソフトウェアで補正しても、そもそもの色の情報がないために処置に困る。
恐るべきは白トビであります。小さな素子から過剰な情報があふれ、となりの素子にも悪影響。
結果、全体に白っぽい写真になりやすい。曇り空の天気の良い日に空を構図に入れるとこの減少が起きやすい。
そんな日は、思い切って望遠系のレンズで曇り空をカットしてしまうのが良いようです。(広角系だと地面が多く入ってきます。)

さてそんなデジタルな世界。全体の明るさを維持しながらいつも万全な撮影ができないことを承知の上で撮影に望まなければいけないのです。
被写体を眺め「こりゃ、色が飛びますな」と判断できれば、あとで処理しやすいように撮影するのが常識のようです。
その方法は、各々で研究し、見出すのが良いでしょう。

さて飽和しやすい色のひとつに赤があります。背景でつぶれても良い色はありますが、メインの被写体のメインの色がつぶれてしまっては、台無し。
難敵の「赤」です。意味がわからない人は、飛ばして読んでください。

同じように問題を抱えていると感じる人は、カメラか、現像ソフトのヒストグラムで、RGBのうちのレッドで確認できます。グラフが限度の上辺にぶつかり(突き抜け)先端が平らになってしまっています。
これが、色が飽和している状態であり、赤が露出オーバーしています。
smallDSC_7459_20090521161007.jpg

smallDSC_9240.jpg

smallDSC_8918.jpg


そのひとつの解決方法が、補正パラメーターを駆使して、背景の色を維持または鮮やかにさせながら、足し算、引き算で修正を加えてやるとましな画像になります。それぞれ研究していくしかないようです。黒つぶれと暗く写っているのはまったく違います。その違いは情報量です

「デジタルはどうにでもなる」とお思いの方、どうぞ、どうにでもしてやってください。適正な色の出し方、明るさの維持、全体のバランスを出すには、それはそれは奥が深いと感じております。

そして最後に、モニタは適正な色がきちんと調整されていますか。
キャブレーションソフトはヒュ?イ(HUEY)というソフトやスパイダーというソフトでやらないと決して上手な調整が難しく、他人のモニタではまったく色合いや明るさが違うのです。本格志向のあなたはきっとモニタキャブレーションに行き着かなくてはなりません。
関連記事
[ 2009/05/21 17:12 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

まじめに撮っては見ましたが

いくつか、+アップしました。

「ちょっと?、ちょっと、ちょっと?」と

会長様から厳しく、たしなめられ、エビ撮影にも本腰を入れなきゃ。。と
デジイチを持ち出しました。

使用レンズは近距離で扱いやすいAi-S55mmF3.5という平面解像度では、最近のマクロレンズにも
まったく引けを取らない中古品です。

会長様から「ストイック」という言葉を授けられましたので、冷凍ほうれん草でモデル募集です。
エビ撮影は僕には向いてないということでしょうかね。
数枚撮影したので、良いと感じたものから。
smallDSC_9352.jpg

やはり、エビのマクロ撮影は難しいです。ウチの場合、駐車場(ガレージ)で飼育しているので、思ったような距離が取れないので三脚は却下。明かりが少ないので高感度設定(ISO3200)で行いました。
それにしてもシゲルさんをはじめ、さすがメンバーさんたちは撮影が上手です。

smallDSC_9357.jpg

smallDSC_9362.jpg

似たような画像で、申し訳ない。デジイチ重いし。。狭いし。。思い通りに撮れない。。
しゃーない。

思えば、個人的にちょとスランプになった時期と、冬を向かえて保温シートでガラス面を覆ってしまったことと、デジイチで様々なものを撮る魅力に取り付かれ、すっかりエビの撮影から遠ざかっておりました。修練がまったくたりません。

smallDSC_9320.jpg


smallDSC_9360.jpg

いやー、えらそうに御託並べても、こんなもんです。シゲルさんや、会長の足元にも及びません(汗
マッキ-さんが携帯で美しく撮影されたり、デジイチで頭角をあらわしておられるのに比べ・・・・

ちょっとずつ努力してゆきますねーー。
なお、モデルさんの良し悪しは、もーしわけありませんが問わないでくださいね!


使用機材 :D700+Ai-S55mmF3.5 ISO3200 F16 ライブビュー手持ち撮影
   写真 :トリミング 露出補正 アンシャープネス少々。
ソフトウェア:シルキーピックス4.0Deve (風景のときはNion CaptureNX2)




PS:マッキーさん、がんばってねー。機材精通、ソフト精通がある程度できたら、モニタキャブレーションに行くことが推奨です。正しい色をモニタで確認して、補正、加工です。
    
関連記事
[ 2009/05/20 23:30 ] My Photo | TB(0) | CM(5)

最近のエビさまたちto

私もエビを飼ってますよー。

久しぶりのエビねたです。
久しぶりすぎて、どう切り込んでいいのやら?
いたって順調としておきましょう。
グレードアップはさほどしていないですね。
生き生きと活動し、繁殖しているエビさんたちです。

まずは黒専3軍水槽。
smallDSC_9325.jpg
何尾いるのかわかりません。

ずいぶん整理したので、かなり寂しくなった赤バンド水槽の一コマ。
smallDSC_9313.jpg
子供たちもそれなりに生まれてきています。
とにかくすごい数です。

機材:Richo caplio トリミング

立川の昭和記念公園へ行ったときの、こぼれ写真です。そこそこ面白く撮影できたので、目に付いたものだけでもアップしておきます。ポピーですね。
smallDSC_9288.jpg


smallDSC_9293.jpg


smallDSC_9291.jpg


smallDSC_9303.jpg

使用機材 D2H+AF-S VR70-200 2.8G
関連記事

ぶらり新宿 ついでに御苑

smallDSC_7485.jpg
こんなポップな看板に出会えるのも都会ならではでしょうか。
よそさまのサイトではこういうのをよく撮影されているのを見かけます。

さて新宿の中古カメラショップを巡りつつ、新宿御苑へ立ち寄りました。
雨が降ってくるのを期待したのですが、止んだ模様。1本のレンズでどこまでいけるかな???
smallDSC_7463.jpg

徐々にイメージどおりに撮影したり、修正を加えて楽しんだり。撮影の楽しみ方の幅が広がったようです。
smallDSC_7482.jpg

大都会の真中に突然現れる各地の御苑系の緑地。どこも楽しいです。

バラ園に立ち寄ってみると、痛み出したバラが多いのですが、そこそこ咲いておりました。
smallDSC_7416.jpg


smallDSC_7410.jpg


意外にもこういった立体的なバラを、鮮やかな色彩を再現するのはとても難しいと感じます。
ためしにデジイチ族の皆様、撮って見て下さい。なかなか思い通りに行かないものです。

smallDSC_7459.jpg

今日はマクロレンズを持っておりませんが、強力なレンズ、コシナフォクトレンダーというメーカー製の90mmレンズです。このレンズに限らず、最近のコシナというメーカーのレンズはとても優秀なような気がします。

smallDSC_7431.jpg


mallDSC_7425.jpg

ちょと暗いなー。(修正しました)

mallDSC_7424.jpg

暗いねー。難しいです?。(修正しました)


いやー、バラづくしです。はい。ちょっといい感じに撮れていませんですか?素人としては十分な撮影ではないでしょうか。なーーんてね(笑
バラって、たくさん種類があるんですね。びっくりしました。
smallDSC_7421.jpg
ゼリー寄せではありませんよー。れっきとした何とかというバラでした。





関連記事
[ 2009/05/17 19:31 ] My Photo | TB(0) | CM(6)

花の練習2 前ボケをいかしての試み

昨日以前の残り分です。中には、神代植物園のものも含まれます。
さくっとご覧くださいませ。

暗かった白を再度レタッチしました。マッキ-さんのモニターではどう見えるでしょうか。
resmallDSC_8891.jpg

*ZeissMP100F2
マッキ-さん、白の諧調は出ていますでしょうか?

smallDSC_8894.jpg
*ZeissMP100F2
自然な、見た目の黄色が再現できているような。。

smallDSC_8898.jpg
*ZeissMP100F2
不思議な植物でした。

smallDSC_8909.jpg
*ZeissMP100F2
なにやら色っぽいね。

smallDSC_8918.jpg
*ZeissMP100F2
このたびのアップの肝とも言えるバラの赤。赤は難しいです。これでも赤がやや飽和しています。
難しいなー。
smallDSC_8928.jpg
*VR70-200
何か、ウサギさんの耳を想像してしまいます。想像力貧困?
主題にクローズアップ、そしてトリミングしてあります。

smallDSC_8931.jpg
*VR70-200
べたですが、花の中心部にピント。前ボケを入れてこんな具合。作品としては平凡ですね。

smallDSC_8944.jpg
*VR70-200
これもそうですが、前ボケを強調して入れてあります。色合いが、初夏を思わせる感じが出ていましたのでアップに採用。

smallDSC_8947.jpg
*VR70-200

こうやって見ると、撮影の工夫以上に、花、それぞれの表情があって、撮影しているときに気が付かなかったことが感じられます。

花の大きさに応じたり、角度に応じて、絞りのコントロールを行っています。
開放で、紙のような薄さの被写界深度を、絞ることで花の表情、角度や種類で変化させたり、ピント位置も変えて撮ったものの中から厳選してみました。今の私の精一杯の写真です。

機材 D2H+ VR70-2002.8G 
    D700+ Carl ZeissMP100F2

*今回はマクロレンズによるものか、そうでないかをお知らせするために写真の下に*で明示しております。参考まで。





関連記事
[ 2009/05/11 01:17 ] My Photo | TB(0) | CM(8)

花の撮影練習 

今日は花の撮影に出かけました。
smallDSC_7385.jpg
さてここはどこでしょうね。
お約束の鏡面の反射像に写る、つつじの赤。。


基本、ズームレンズで撮りましたが、マクロレンズも活用しました。
花の撮影って難しいですが、ファイトが沸くってもんです。
smallDSC_9229.jpg

これはマクロを握れば、だれでも撮れる事でしょう。基本ですが日の丸構図です。やや面白みがありませんね。モデルの花びらもしおれてますね。。
色合いを撮影時、見たままの状態に近づけるためにはアンダー気味で撮影し、レタッチで色起こしをしてやる作業が必要になります。これがなかなか難しいです。デジイチ初期のころは撮って撮り出しのJPEGばかりでしたが、最近は、積極的に、勉強のつもりで、いじっております!

smallDSC_9231.jpg

花の撮影は基本のポイントとして、“しべ”にピントがくるか、もしくは花びらに当てるようですが。。
これもファインダーごしには、正確にわかりづらかったり。。上写真の場合、一番手前の花びらにぱちんときてますね。

今回も、手前の花のボケを取り入れる練習をたくさんしましたが、これがなかなか、なかなか難しい。
適度なボケ、量を考えないと大失敗!!


花とにらめっこしていると、偶然、ミツバチかな?? エイヤっとMFで連射!
smallDSC_9245.jpg

smallDSC_9249.jpg

綺麗には撮影できていますが、平面的でやや面白みにかけるかな。。
もういっちょう?。

smallDSC_9298.jpg
こんな感じが精一杯。
僕としては、もっと幻想的に、前ボケ、背景ボケを生かして、主題の花を引き立てたいのですが、そう都合よく花が咲いているわけではありません。
ある意味、この都合の良いシチュエーションに出会いを求めているような。。

《零れ話し》
撮影中、大勢のカメラマンがいたのですが、年のころ、60過ぎのおじさん。撮影しながら、手を花に差し出して、なにやらやっています。よくみると。。。
邪魔な花を、ボキボキ折って、むしっています。!!!!!!!!!!!!!(音がするんです!)

私、むっとしたので、近くで「まじかよ。。いい年してさー」と、やさしく、力強く、ささやいてあげました(笑

落ち着いて考えると、ややしおれ、すぐに枯れていってもおかしくない花も多かったので、折ったところで大した問題ではないのかもしれません。でも
本当にそういう考えでいいのでしょうか。きっとこういう方は他でも、自分の意にかなうよう、いろいろと自然をいじってしまうに違いないでしょう。他のカメラマンがそれを見て、「いい方法だな」なんて思ってしまったら。。
ガクブルです。

追記
・へーじさんのザクばりの追視にあい、そのおじ様は、逃走いたしました。

そんな、うれしいことばかりではなかった、わくわくドキ!?の半日でした。
関連記事
[ 2009/05/09 21:03 ] My Photo | TB(0) | CM(7)

GW撮影旅行 江ノ島?鎌倉・建長寺

今日は爆睡の一日。
ようやくおきてきて、ほけー。エビのせわしなきゃ!ドタバタ。。。

さて更新の続きをやらねば。
昨日の江ノ島旅行記の続編です。主には鎌倉は建長寺というところへ。(鶴岡八幡宮はパスしました。)

夕日に染まる江ノ島を後にした時、かの有名な江ノ電もパチリ。
smallDSC_7237.jpg



smallDSC_9132.jpg

さて翌日。たっぷりと朝食を食べ、いざ鎌倉です。
訪れた先は鎌倉・建長寺。気が付くと天候がやや回復しておりました。
鎌倉時代に流布した。禅宗・臨済宗の禅寺。詳しいことは割愛します。
smallDSC_7275.jpg


smallDSC_9146.jpg


mallDSC_9151.jpg


smallDSC_9156.jpg

非常におちついた風情あるところでした。
この寺の奥地にはハイキングコースなるものがありお隣の明月院までいけるそうな。
そこまでは行かなくても、山頂付近には絶景のポイントがあるとかで。
ここまできたら挑戦あるのみ。
で、きたところがここ。
ちょとはしょりすぎ。。ここまで上るのにどんな苦労が。。ブログじゃ表現できません。。
smallDSC_7310.jpg

山頂で飲んだ冷水のうまいこと! 日本に生まれてよかった。。。

と、まあこんな旅行記(撮影記)でした。チャンチャン。

番外編。
行動の主軸から外れてちょこちょこと撮ったものを紹介。

これは江ノ島の山頂で展望台がある庭園にあった、中国風の建物の飾り。
smallDSC_7250.jpg
アップとアンダー気味で不気味さ30%アップ(当社比)。

あとはお約束の花。
バリエーションは、埼玉の自宅の近所と代わり映えしません。

このごろ前ボケ、後ボケの間にはさまれた主役の浮き立たせ方にこってます。
smallDSC_7247.jpg

最後にグワッと赤を強調していた名前は知らない花。
ぐっとアンダーに撮影して、現像時に和らげています。うまく現像できているかな?
デジでの赤は難しい。
mallDSC_7230.jpg



おおむね、見て、感じ、表現しようとして、満足の行った2日目の撮影でした。
また来週!

関連記事
[ 2009/05/06 00:33 ] My Photo | TB(0) | CM(5)

GWでの家族(撮影)旅行

さて、あちこちのブログで素晴らしい写真が掲示され、私としてもがんばりたいところですが、うーむ…。

まあ、大したことないのですがぼちぼちと。
3-4日と行って来たところは江ノ島?鎌倉。ベタですね。
個人的には海を撮ってみたかったんです!なので子供たちには上手いこと言って海へれっつゴー。

いやいやGWとあってもう大根、いや大混雑。
帰ろうかと思うほど。
smallDSC_7227.jpg
これは江ノ島へと続く橋ですが、ご覧のとおり人で埋め尽くされていました。

江ノ島に着いて正面の商店街。
ヒエーって感じです。もうだめだ?こりゃ。
smallDSC_7177.jpg

こんな状況を撮影していてもしょうがない。。
気を取り直して、目標の海を?。

smallDSC_7229.jpg
こんな状況はかつてはニュースでしか見たことがなかったです。。

江ノ島の頂上を目指してみよう。。

smallDSC_7220.jpg
釣り客もそこそこ。ヨットを楽しむ客も。観光客も。いろいろ楽しめるんですね。ここ。

江の島。。。高校生の頃、「湘南爆走族」というマンガでしかイメージがなっかた。とても貧困な私。
マンガ自体は面白かったが。。現在は、完全な観光スポット。元気な暴走族も?絶滅しているようです。(あ、今は珍走団というそうですね

smallDSC_7215.jpg


smallDSC_7210.jpg

天候はハレですが、うす曇な一日。時折晴れ間が見え隠れします。写真はあまりにも地味に仕上がってしまう為、少々青みを足しました。
エンヤコラと頂上には上ってきました。帰りのいまひとつな夕陽をなんとか撮り収めることができました。
smallDSC_9125.jpg

はーつかれた。。。。。。。。

へとへとですが、明日の晩、元気が残っていれば、鎌倉、建長寺編をアップできれば。。できるかな?死んでそう。。。
関連記事
[ 2009/05/04 23:42 ] My Photo | TB(0) | CM(8)

ゴールデンウィーク  家庭サービスのあと

ゴールデンウィーク
家庭サービスのあとは、お散歩写真で一日を終えようと、ニッコールAi-S135mmを持ち出しました。
室内プールですごしたのでさすがにお疲れモード。
本当に最近、エビネタは出しておりませんが、毎日、エビの世話はしております。そのおかげか抱卵ママさんもたくさん。稚エビもひとつの水槽で50ぐらいかなざっと見た目。ますますお盛ん。

さてジオヤグギャ会長からの伝令に頭を悩ませながら、その才覚が全くない私。うーむ。会長、ずびばべーん。

さてさて気を取り直して撮影!夕方なので、感度は高めに。
smallDSC_8973.jpg



smallDSC_9020.jpg


smallDSC_9021.jpg
花がたくさん。マクロじゃないレンズで花を写すこともまた楽しや。

どんどん日暮れ時。
smallDSC_9039.jpg


smallDSC_9044.jpg
こんな下町の様子も、味わいがあるのでは。

smallDSC_9045.jpg


さすがに開放値で撮影しないとSSが出ません。ぼんやり背景がボケるのはそのせいです。
でも何気ないこの近所撮影。どうやら自分には一番あってるようなきがします。

【機材】D700 + Ai-Sニッコール135mmF2
関連記事
[ 2009/05/02 19:21 ] My Photo | TB(0) | CM(7)