PAGE TOP

さらに練習 桜!!

日曜の朝はバイクで砂川堀へ。
月曜は早起きして、職場近くの桜を。病院の庭先と閑静な住宅街の一角にあった枝垂れ桜。
某、イシャエビ様のご意見を元に気をつけて撮影しました。
好み、背景との兼ね合い、全体のバランス。。上げればキリが無い要素で一杯ですが、まずはボリューム感を意識して課題に挑みました。

smallDSC_8323.jpg
これは細かいぞ。。いかん!

smallDSC_8325.jpg
ある病院に庭先。オーバー補正で桜、春の爽快感が演出できますね。
結構、ボリューム感が出ていました。


反対にマイナス補正では。。。
smallDSC_8335.jpg
ぐっとマイナス補正。空が一段と青みを増しました。でもこれ早朝6時半。。


たくさんのメジロらしき緑の小鳥が一杯。上手く撮影できたかな?
トリミングで拡大。エビ撮影の賜物か。
smallbirdDSC_8331.jpg


smallDSC_8341.jpg
太陽を遮光にして、アンダー補正にすると、フィルター要らずで青みが増します。


smallDSC_8349.jpg
突然現れた、枝垂れ桜。住宅街の中にありました。いいとこみっけ!

機材 D700+NikonVR70-300  Tokina AT-X248F2.8(マニュアルレンズ)
最新のカメラ機材に10数年前のマニュアルレンズ。結構いけてますね。お買い得。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/03/30 23:34 ] My Photo | TB(0) | CM(11)

おさらい 昨日の勉強から

昨日、風景屋さんから学んだことを元に、さっそく自分の感覚と統合させておさらいです。
(こまかなことは、ここにかけませんが、大筋で。でも一般的な書き方しかできません。)
1に情熱。
2に絞込み。
3にぶらせない。
4に価値ある対象を・・。

思えば風景写真をはじめて数ヶ月の私ですので、多少のミスは笑ってごまかそう。
さて、さっそく今朝は近所の砂川堀というところで撮影開始。バイクで5分足らずのところです。
一応、近所では名所のひとつ。
smallDSC_8312.jpg


smallDSC_6874.jpg


smallDSC_6869.jpg


smallDSC_8301.jpg


smallDSC_6885.jpg


さて成果はいかがでしょうか。
自分では納得できたような。
今回の機材
D2H+DC135F2 D700+Zeiss Planer50F1.4

そういえばここ、デジ練習で訪れた場所だった。
その頃の写真。秋ごろだったかな。
DSC_5293_convert_20081102193358.jpg
関連記事
[ 2009/03/29 21:40 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

勉強会 桜撮影会 新宿御苑にて

趣味人倶楽部に2月に入会しました。
ここでも多くの中高年の方々が趣味を楽しみ、仲間を作っています。

ここを縁に知り合った風景屋さんという大変、エネルギッシュなかたと本日、短時間ではありましたが、合流して新宿御苑の桜を撮影しながら勉強会となりました。
さすがベテラン、またテリトリー?ということもあって大変効率の良い、また的確なアドバイスを頂くことができましたし、なによりも撮影に対する情熱がとても熱く、非常に感銘を受けました。風景屋さん、本日はとてもありがとうございました。

前回と同様の、新宿御苑ですが、今日は風景屋さんのご指定で、千駄ヶ谷門からスタート。
smallDSC_8271.jpg
この先が千駄ヶ谷門。


一番キレイな桜に最短距離で案内されました。
smallDSC_8215.jpg

smallDSC_8216.jpg

本格的な桜を撮影するのは初めてです。キンチョーしますっ!
へーじは腕が、いまひとつなのでせっかくの桜も。。ちょと残念。。
smallDSC_6802.jpg
道行ながら、今までどおりの自分流でパシャリンコ。




多くの方でにぎわう枝垂れ桜の近辺。一番キレイな桜はやはりあっという間に人だかり。最初に乗り込んで正解なんでしょうね。もはやセールの日のおばちゃん状態でした(笑
その1
smallDSC_6820.jpg


その2
smallDSC_6815.jpg

青い新緑を湛えた桜。。これからですね。背景の緑とのさわやかさに目が惹かれました。
smallDSC_6842.jpg

いたるところで見られたカップル撮影隊(笑 二人でそれぞれカメラ持ってるなんてうらやましいですね) へーじは一人で2台(爆
smallDSC_6836.jpg

新宿御苑らしい定番ないちまい。
smallDSC_8239.jpg

smallDSC_6817_20090328210259.jpg

予想以上に、私の近所の開花状況とは全く違い、御苑ではそこそこ咲いておりました。ま、場所によってですが・・・。花見桜も見ごたえあるものもありました。十分キレイでした。来週あたりもっと人が押し寄せて、満開になるでしょうね。

風景の極意の一端を教わりましたが、かなりセンスとその場所にあった画角も必要だなと感じました。この場合、ズームレンズが便利なことは間違いないですね。単焦点派のへーじはずいぶん苦労しました。

このさき、どうゆう撮影スタイルで行くのか、また悩みの種が増えました(笑
パンフォーカスできっちり、かっちり撮影でいくのか。。大口径単焦点でボケコントロールで貫くか。
両者合い間見えての、気分次第、目的次第か。。。システム増強に50諭吉が必要になるような。。
なーーんて妄想も面白いです。

この場を借りて、風景屋さん、じゅんさん夫妻、さつきさん。大変お世話になりました。また楽しい半日をありがとうございました!
関連記事
[ 2009/03/28 21:13 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

北の丸?靖国神社

昨日、更新最後の文で、離宮にでも行こうと述べましたが、テレビでやたら靖国や千鳥が淵の桜に触れるので、行ってきました。
東上線から都心へ向かい、飯田橋経由で九段下に到着。爆風スランプで有名な「大きなたまねぎの下」武道館もありました。ソメイヨシノなその桜はさすがにこれからですが、大寒桜なその早咲きの桜や同じバラ科の品種も咲いていましたので撮ってきました。ついつい近所の風景とは違い、見ごたえあるので肩に力が入ってしまいました。
天候も良く、暑いくらい。ほのぼの?。

smallDSC_8038.jpg


smallDSC_8001.jpg


smallDSC_8012.jpg

帝京大学系の合同卒業式がありました。学生さんであふれかえっていました。大学生。。良く見るとまだまだ幼い顔をした体の大きな子供に見えました。
マナーや振る舞いは中高生に等しいですね。おっと「今時の若い?」というぼやき話は無しで行きましょう。
smallDSC_8042.jpg


smallDSC_8023.jpg

端正な佇まいの北の丸公園。
smallDSC_8032.jpg


smallDSC_8040.jpg

武道館。まさに威風堂々という印象でした。
smallDSC_8044.jpg

やたら大きかった鳥居。とにかく大きい。。。
smallDSC_8079.jpg


靖国神社での土産屋さん。参拝問題を逆手にとっての商売は庶民のたくましさでしょうか。
smallDSC_8054.jpg

テレビでなんども放映された開花宣言?で有名な桜の標本木。フジテレビのクルーや訪れた客が所狭しと場所を陣取り撮影していました。ちょろちょろとほんのわずかの花。
smallDSC_8074.jpg


まだまだお見せしたい写真は、たくさんあるのですが、これぐらいで。
最近、御苑がらみのところが多いですが、さすが!というところばかりです。
今回はフィルムカメラも撮影してきました。家にはスキャナーがないので紹介できません。一人でムフフと時間を楽しみます?

使用機材:
D700+12-24F2.8G フォクトレンダー90mm,180mm
F4+300mmF4 DC135F2

関連記事
[ 2009/03/21 17:42 ] My Photo | TB(0) | CM(7)

午前中、雨

当地、彩の国、南部地方では午前中、雨でした。予報どおり。
最近、マイクの大音量が行きかう市議選の真っ只中。

入院していたD700のチェックもかねて近所へぶらり。

散りて未だ散らずの梅
smallDSC_7940.jpg

ずっと近所のあちらこちらで咲き誇っている。長いなー。名前はなんだろう。
smallDSC_7952.jpg

白い花も元気。最近暖かいからね。
smallDSC_7951.jpg

気になっている。最近よく見かけるローバーミニ。タイヤが太いね。色合い、カラーリングが、紳士のスポーツ、ラグビーを髣髴とさせる。骨太ドイツ車と比較してどうなんだろう。乗ってる方いますか?感想聞かせてください。
smallDSC_7944.jpg

うちのゴルフも老齢化が進んでいるようで、ドイツ車特有のマイナートラブルが、ぼちぼち目立つ。窓の開閉部、ドアキー部の故障。ギミックな部品がやらた壊れるような気がします。近場の町工場の親父さんが親切な対応をしてくれる。修理費もディーラーに比較して格段に安い。

機材 D700+タムロン180Spマクロ
関連記事
[ 2009/03/20 12:14 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

欲しいレンズ はは物欲?

ただのたわごと、独り言。お付き合いしていただける心の広い方、募集します(笑

いろいろなところでカメラを趣味とする方々と交流を持ち始めました。
世の中、いるものです。えびの世界にも、魚の世界にも、そしてカメラの世界にも。
スーパーな方がたが。

某お医者様のブログでも、スーパーな写真が紹介されたのは記憶に新しいです。こんな写真、どうやってとるんだろう。。率直な感想です。
いやはや驚きでした。

ひとつの被写体に対して、焦点距離、角度、露出で無数の写真のパターンがありえます。
前出の達人様は「大鷲?(オオタカ?)」をテーマに、長期にわたって、偶然ではなく狙って、撮影したようにも思えます。さまざまな写真からベストショットを選んだかもしれません。

写真には、?機材。(技術を含めて)。?その人の感性(良し!と思える感覚)?対象との出会い(気象、時間、対象を含め)という運。あるいはすべてを無視した偶然という瞬間。

重要な要素がすべて合わさった時,よい写真にめぐり合えるのでしょう。

不確定かつ確定的な要素が組み合わさっているようにも思えるし、世に言う「うまい人」「上手な人」「達人」はナイスな写真を連発します。

いきおい、自分を振り返ればただのカメラ好きなオヤジ。はぁ。
不確定な要素はどうにもできないですが、確定できる要素のひとつ、機材、レンズ選びが楽しいかつ、悩ましいものとなります。
いっぽう「もうこれ以上、いいじゃない!」私の中の、もう一人が言います。

広角系から400ミリ望遠、テレコン、マクロ系とほぼ焦点距離は埋まっています。ないのはPCレンズ(構えたレンズ真正面に対し垂直、平面に広がる被写界を、角度を変えてピント合わせが可能)といわれる物撮り用のものだけ。<机に置かれた料理の全面にピシッとピントが合うのはこのレンズの効果>

マニュアルフォーカスは私にとって苦でもなんでもなく、楽しいの一言。操作している、自分で撮影している実感が段違いにあります。ピントの合う範囲を確認したり、露出補正をかましながら、こんなに楽しいものはない!という印象です。
もちろんオートフォーカスも便利です。ピントリングの操作は軽くて扱いにくいですが、これはこれでいいですね。要は好みの問題。

問題は、ほとんど単焦点レンズばかりで(これがいいのですが)、交換レンズをすると、驚くほど、ほこりがカメラ内部に侵入していることに気がつきました・・・(汗

ニコンサービスで入院させました。。。

まあ、しょうがない

ズームレンズで、単焦点好きのへーじを満足させてくれるレンズは。。。。

やはり。。現在のニコンの新しい系列、VR、ナノクリスタル、2.8Gの系統のレンズがよいという結論なのですが。。。絞りリングがない。。VRはそれほど必要感じない・・・もしもすごくよかったら、今ある単焦点の出番が。。。


なーーーんて考えてるのが、本当に楽しいです。オヤジの妄想(笑

レンズ貯金を見やりながら、考えながら娘の塾への送迎をしています。あ、あぶねー!


70?200VR2.8G・・ いいですね。でも高い!

この三連休は、離宮でもいってみようかな・・・

関連記事
[ 2009/03/19 19:37 ] My Photo | TB(0) | CM(5)

井の頭公園 カラーバージョン

前節のカラーバージョンです。私事で恐縮です。
smallDSC_6708_20090316204114.jpg

smallDSC_6704_20090316204133.jpg

smallDSC_6700_20090316204154.jpg

smallDSC_6717_20090316204218.jpg

smallDSC_6719_20090316204236.jpg

smallDSC_6725_20090316204345.jpg

smallDSC_6723_20090316204323.jpg


smallDSC_6727_20090316204403.jpg

smallDSC_6754_20090316204421.jpg

smallDSC_6766_20090316204437.jpg

smallDSC_6773_20090316204524.jpg

smallDSC_6782_20090316204544.jpg

smallDSC_6783_20090316204604.jpg

写真によっては、モノトーンで生きる写真もありますが(噴水など)カラーの直接的な表現力は回りくどくなくてよいという一面もありますね。(わかりやすいということかw)
感想は人によってですので、お気づきの点があれば教えてください。今後の参考に致します。


今回の機材は
D2H+MP100F2とAF300F4Dでの男前スタイルでした。
関連記事
[ 2009/03/16 20:51 ] My Photo | TB(0) | CM(3)

小春日和 ?井の頭公園?

昨日の予告どおり、井の頭公園に行ってきました。
昨日とはうって変わって、絶好の小春日和。大勢の来園者でにぎわっていました。

広角系のレンズは使わずに望遠系で撮影してあります。
ばばっと行ってみましょう。
smallDSC_6708.jpg

smallDSC_6700.jpg

smallDSC_6704.jpg

smallDSC_6717.jpg

smallDSC_6719.jpg

smallDSC_6723.jpg

smallDSC_6725.jpg

smallDSC_6727.jpg

smallDSC_6754.jpg

smallDSC_6766.jpg

smallDSC_6773.jpg

smallDSC_6782.jpg

smallDSC_6783.jpg

関連記事
[ 2009/03/15 20:35 ] My Photo | TB(0) | CM(2)

雨あがり ?夕刻?

午前中からおやつの時間あたりまで降っていた雨。ようやく上がってきたのでl、ご近所を散策。
smallDSC_6630.jpg


smallDSC_6638.jpg


smallDSC_6646.jpg


smallDSC_6651.jpg


smallDSC_6653.jpg


smallDSC_6661.jpg


smallDSC_6668.jpg


smallDSC_6671.jpg

梅の散り様をみながら、新しい季節の到来と去り際を物悲しく感じ、モノクロで表現してみました。

機材はD2H+愛して止まない名レンズAi-S180F2.8 Contax メタルフード
関連記事
[ 2009/03/14 17:25 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

仕事のストレス解消には最近は写真が一番いいのですが、お天道様には誰もかないません。
仕方なく玄関先から目に付いたものをパチリ。

今日はひまなのでモノクロ処理したものとカラーの比較で見てみます。
機材はD2H+Af300f4ED

smallDSC_6618.jpg


monoDSC_6618.jpg

好みの分かれるところですが、モノクロ処理により直接的なイメージが、やや抽象化され、イメージの分散共有がはかりやすいように思います。そのことで、カラーリングは写真を見る人の脳内のイメージが着色を行い、あるものは郷愁を感じ、あるものは温度を感じ、あるいは幼かったころの遊び場、路地を想像するように、それぞれの味わいが生まれるという効果もあるように思います。
もちろん、被写体(写真)によってですが。

smallDSC_6622.jpg


monoDSC_6622.jpg

被写体自体がモノトーンの場合、カラー、モノクロの効果は当然薄いですが、フィルムによる白黒写真として描写した場合は違いは明らかなはずです。
デジでお手軽なモノトーンにした場合はいまひとつですね。

次は側溝の水溜り。
smallDSC_6624.jpg


monoDSC_6624.jpg

本物の白黒写真では
焼付けの際の印画紙に、独特の粒状感がでて、完全な白と黒の世界が、十分に広い諧調をもって表現されます。(真っ白から何十段階というグレーを経て、真っ黒までの色合いの幅の広さ)
デジタルではいったん撮影した画像から、色を抜いただけのものです。

フィルムの優位性は非常に高いのですが、自分でラボでも持たない限りコストが厳しいかもしれません。ましてやカラーは絶望的な感があります。
デジの利便性の高さが、市場を席巻し、そしていまや、不景気もあいまって、デジ市場が伸び悩んでいるそうです。いつまでも右肩上がりはありえないですが。ハイビジョン撮影、速射機能など高機能化に走り、メーカーは、自ら首を絞めつつどうなってゆくのでしょうか。ちょと心配です。
デジイチは新しい撮影素子がソニーから開発されそうですね。さらに高感度に強くなるとか。

私?私は、じっくり今あるものを楽しんでいくしかないですね。

でもここ一番はフィルムを使おうと思っています。


さて明日は天気がよければ井の頭にでもいってみようか・・・・。
関連記事
[ 2009/03/14 12:17 ] My Photo | TB(0) | CM(2)