FC2ブログ

PAGE TOP

つらつら 撮影について

昨日の続編です。

「デジイチが良いのか? コンデジが良いのか?」

よく聞かれる質問です。
キットレンズと共に販売される汎用、中級一眼デジタルカメラでは、最近の優秀なコンデジとの差別化はごく簡単ですが、出来上がってきた写真を見ただけで、どちらの撮影によるものかと判別することは非常に難しいです。(カメラとしての機構、形状の判別は誰の目にも容易であるが、出来上がった写真を見ただけでは判別が難しいの意)
それぐらい、コンデジの性能は、高いです。だって各メーカーがノウハウを生かして本気で作ってきてますから。

さてこの答えはにはいくつかの回答をへーじは示すことができます。
質問者のあなた様、その前にカメラで何が撮りたいの?教えてくださーい。あはは。
気を取り直して。
何がしたいの?の前に、何がどう違うの?をお答えする必要があります。
(低級デジイチを覗いて)デジイチの利点をざっと書きなぐります。

1)デジイチは多様な交換レンズ(マクロ、広角、標準、中望遠、超望遠、おまけにフィッシュアイ)互換マウントを使用することで、レンズの画角を変化させるだでなく、より高性能かつ個性豊かな単焦点レンズの使用が可能となる。すなわち撮影バリエーションが増す。(広いだけでは全く意味がないので。1つ、2つの単焦点を自在に使いこなすほうが素敵!)
これを前提に、各種撮影におけるカメラ、レンズ用のアクセサリーに富んでいる。
 
*明るいレンズを使用できることが利点ではありますが。。一概に絞り開放値が小さいことが高性能と直結しませんが、それだけ絞りのコントロールの幅が大きいと理解でき、作画意図に反映させやすい。また超のつく望遠撮影はコンデジにはできません。

2)大き目のボディを生かしてがっちり構えることができる。(キーワード:フレーミング、構図、手振れ防止)

反面、うがった素人さん(あこがれているがコンデジで我慢系)には、張り切りすぎなのでは?とからかわれやすい。人、集団性、シチュエーションに応じて使いこなすこと(笑
一方、ブレ防止機能が大幅に進歩したようですが、基本がしっかりした方にはほぼ無用の長物、出費。シチュエーションに応じてSSを確保し、必要があればISOをあげればよいだけのこと。それでもいざというときに役立つことはあるでしょう。すなわち、これに頼ることは基本がおろそかになる可能性があります。注意されたし。

3)各種露出モード、測光モード、フォーカスモードの変更がしやすい。露出補正、ISO設定(一部の中級機、高級機ではISO3200をらくらくセットできる。)、WBにアクセスしやすく作画表現として写真撮影を比較的コントロールしやすい。(デジイチお持ちで、この意味がわからないあなた!修行不足ですぞ!もしくは、はずれを引きやしたねw)
*コンデジでも設定できる項目でありますが、アクセスする段取りがもどかしいものが多い。気持ちよく撮影できない。撮影がうざくなる。こだわらなくなる。すなわちずぼらさんになりやすい。ずぼらさんはカメラ機能頼りで技術向上が困難というデフレスパイラルに。

これぐらいでしょうか。
そんな専門的にやんねーよ!という御貴兄には、かっこいいコンデジが似合うことでしょう!

もう少し知りたいという方に。
では実践編。
コンデジ、デジイチでも撮影できる、パンフォーカス(左右、上下、前後にすべてにピントがあっている状態)な写真。作例1
DSC_6636_convert_20090112203657.jpg

デジイチ+単焦点によるボケを生かした撮影。
作例2
DSC_6637_convert_20090112205751.jpg
これぐらいならコンデジのマクロモードで撮影が可能な場合もあるでしょう。SSの確保に要注意!デジイチ+単焦点によると、SSを容易に確保したまま撮影できます。いや事実、高速シャッターになります。デジイチ+汎用ズームレンズではコツがいります。F2.8などをもった高価な明るいズームレンズならコントロールしやすいです。
作例3
DSC_6660_convert_20090112210347.jpg

このような具合です。わかりやすいでしょうか?
すなわちレンズのボケ味を生かした作画表現において次の式が成り立ちます。
コンデジ≦デジイチ+汎用ズーム≦デジイチ+高性能単焦点
ただし、良いレンズを上手に使いましょう!

*構図優先、シャープさ、その他優先ならば、この限りではありません。解像度、シャープさを維持したF3.5?F5.6などと表示された暗目のズームでもそこそこ良く映ります。一定の評価の高いモデルを購入すればよいわけです。素人を対象にしたフォトコンテストで入賞する作品のデータでも大抵、このようなズームレンズが活躍していることは周知の事実です。便利ですね。この辺ではmasaさんあたりが素晴らしい写真をアップされています。要するにウデというやつでしょうか。

では、次のお題。
デジイチがコンデジよりも劣っている点。
言うまでもなく、
1)携帯、携行性
携帯電話、極薄型、小型なのに巨大液晶。1000万画素オーバー。
もう日本のメーカーさんたら、すごいんだから!
2)手軽さ
持ち運びしやすいということは、おのずと撮影の機会も増えます。携帯電話の写メなんかは、最たるものです。かつてはカシオからびっくりするぐらいキレイに撮影できるモデルがでていまし、カールツアイスを採用したソフトバンクの海外モデルなんかも良かったようですね。
旅、買い物、お散歩のお供に。忠犬ハチコウのごとく!
3)コスト
まあ、トータルではずっと安いです。
4)より自由な撮影角度 
**行為により社会的な立場や信頼を失うような使い方はせず、被写体の隠れた魅力を引き出しましょう(笑 ちまたでは、タシロ?ミラーマン?ウエクサ?やめましょうね。

結果。へーじの質問に対する答えは!
それぞれの良さを理解して活用し、自分に見合った快適な写真ライフを送りまひょ!という結論でした。
誰?どちらが良いとか論争してるのは? 無意味ですよー。













関連記事
[ 2009/01/12 21:54 ] My Photo | TB(0) | CM(4)

久しぶりの連休 カメラについて云々…。

久しぶりの連休です。疲れた体で、「写真を!」という意欲が沸かないときは無理せず、水槽をいじっています。
なぜか休日でも、出勤時間に目を覚ますので、軽い朝食の後、久しぶりに水槽を覗くと、小さかった稚びたちがずいぶん大きくなってます。親固体を除いても、数にして300?500ぐらいか?アバウトな数字ですが。90ADA黒専でも、120ADA赤バンド専でもそこそこ稚びさんが増えていて安心しました。75ADAでは濃厚日の丸系が着々と育っており、派手系の子供たちが増えていました。安心!安心!

さてエビの写真は撮らないの?と聞かれそうなので、前もって言っておきます。「はい。撮ってません。」
はは。すみません。

足し水、エサやり、水質チェックを終え、ぼんやりとした後、二度寝。惰眠をむさぼりましょう。


これ以後は、カメラ好きの方だけでいいですよー。


昼過ぎに起きて、恒例の散歩です。散歩はカメラ片手に、小一時間、あてどなくさまよいます。
車、バイク、歩きの中で、間違いなく歩きがじっくりと被写体探しにいいです。(あたりまえだ!)

なにか特別なものを写してやろうなどと、野望を抱かずに、いいなと思えるものを淡々と写すようにしています。

DSC_6629_convert_20090111200210.jpg

被写体(モデル)そのものの質、印象の良さも大事ですが、背景にも配慮が必要です。んが、しかし平凡です。おいそれと名作ばかり連発できないのは当然ですが、このご近所の穏やかさ、午後の清涼感はなぜか気に入ってます。季節柄もあるでしょうが。

DSC_6633_convert_20090111200420.jpg

あたりが明るいので、ここはオーバーに露出を振っています。赤、紫系はアンダーが基本ですが。。
カメラの露出は、あまり信じない私です。
露出補正をもっと簡単にアクセスできないかなー? メーカーさんがんばって。(へーじは、時折、アンダー、オーバーの値を戻すのを忘れてしまいます)
絞りは、マニュアルレンズだと、ダイレクトに絞りリングをまわせるので、撮影しやすいです。最近のカメラ本体のダイヤル調整よりもダイレクトです。使いやすいと感じるのは私だけ?
さて話は戻りまして。
明るすぎる部分があると、それにつられて、カメラの露出は明るすぎるから、暗めに写そうとする そういう親切なのか、おせっかいなのかは別としてそういう風になりがちです。適正露出という言葉は、ある、きまった条件と数値が固定しているものでなく、自分はこれでいいんですよ!と思える露出が適正だと思っています。
まあ、現像ソフトで写真をいじれる人にとっては、彩度、露出までもが調整できるので、アフターで何とでもなると考える向きもありますが、たくさんの写真の処理はそうも行きません。ましてや、絞りの調整やブラケッティング゙で、ボケ具合までコントロールしている方ハイクラスな御仁にはアフターレタッチはほんの少々という向きも多いことでしょう。

DSC_6634_convert_20090111200810.jpg

近隣は、日常的過ぎて、面白みにかけると感じるという方はたくさんいらっしゃるかもしれません。
しかしどうでしょうか。
「よく見渡して、近づいて、離れて。」この繰り返しの中に、観察眼、画角感覚がみがれるのではないかと思います。そして玄関、庭先に神経を使い、工夫を凝らした隣人の個性を垣間見れるとき、何気に見過ごしていた人間様の個性、趣向が見えてくるような気がします。
たとえば、庭先のまとまりを意識された配置、整理を感じさせる、または神経質なまでな方。玄関先の清潔感を大事にされている方。久しぶりに覗くと、荒れてしまっている玄関先。すべてがアバウトに見えて、整理を感じさせる方。鉢植えも、寒さに対して置き位置を変える方、防寒をする方、放置プレイ傾向の方。あくまで、一方通行の私が受け止めた印象の話。それを元にどう付き合うかなんて考えもしません。ただ、どのように感じ、「ふーん、なるへそ」という程度。そこから写真として、どう切り取ろうかな?のきっかけ。
面と向かい、話合うことがコミュニケーション。これはもちろん大切ですし、それらを基にしたお互いの認識、評価がなされます。社会人の重要なスキルです。しかし見過ごされがちな、その人の周囲にも、その人の一面が現れるのも、これまた事実です。これに注目することや、その一致性、不一致を検討したりすること、すなわちノンバーバルな情報を受け止める感覚とでもいいましょうか。
子どもたちの靴が散乱した玄関先に、「なってないねー」ではなく、若い命のはつらつたる生命力を感じ、その雰囲気をパチリ!といいたいのです。

写真とは離れた話でもあり、遠い次元でもない、そんなつぶやきでした。



関連記事
[ 2009/01/11 20:44 ] My Photo | TB(0) | CM(3)

はつどり

新年早々の初撮りですが、いまひとつ(汗
DSC_6561_convert_20090103203644.jpg

地元民が集う近くの神社では、寒さのせいかぱらぱら。それでも人を含めた撮影は勇気が要ります。結局、人に向けては撮影しませんでした(ヘタレなへーじですが、トラブルは避けたいですぅ)
DSC_6572_convert_20090103214048.jpg

DSC_6565_convert_20090103213514.jpg
プラプラ歩いていると、高校生から大学まで通い、師範代まで勤めた同じ流派?系統の道場がありました。懐かしさのあまり覗いてみました。さすがに元旦。誰もいません。再開することももうありませんが。穏やかに?生きていきます(笑

DSC_6595_convert_20090103215249.jpg
帰宅後、リビングに家族のほぼ10?15年前のころの写真が飾ってある。
このころもよかったなー。子供たちが赤ちゃんから幼稚園生までをつづってあるのかな。
当時はキャノンEOSを使用しほとんどの撮影を85mmF1.2Lで済ましていたような。。。
素晴らしい写りのレンズでした。
そんな思い出に浸っていると。。

どかーん。ぼっぱつ。新年早々、女性勢力が増した我が家は、母が三人(笑 リーダー格が長男を、しばいております。
DSC_6599_convert_20090103215522.jpg

関連記事
[ 2009/01/03 22:12 ] My Photo | TB(0) | CM(15)

明けまして、おめでとうございます。

DSC_6583_convert_20090101223020.jpg

本年も、皆様とともに趣味を満喫したいと思います。
どうぞお手柔らかに(笑 よろしくお願い致します。
関連記事
[ 2009/01/01 22:33 ] My Photo | TB(0) | CM(11)