PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

温泉はいいもんです。

久しぶりの投稿

ひどい写真だと笑ってください。

20170731-DSCF1952.jpg


20170731-DSCF1960.jpg


20170731-DSCF1961.jpg

20170731-DSCF1962.jpg


旅情緒を満喫
スポンサーサイト
[ 2017/10/09 23:58 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

またまた温泉へ

今日もふらりと温泉へ。

いつものように高速を○っとばし。花園インターを降りて、風情ある長閑な道をのんびりと走ります。

ed_convert_20161023195413.jpg

ついたのは最近、気に入っている両神温泉、両神荘。小鹿野町営の国民宿舎です。

泊まったことはありませんが、車で行って帰ってくるのに、ちょうど良い距離感。小旅行です。

混雑の無いスムースな運転が出来る道路が続くのでストレスもありません。


泉質など詳しいことはよく分かりませんが、なんだか肌がヌルヌルしてきて、つやつやした感じになります。

まあ、いつもながら「おっさんがお肌つやつやになっても、意味ないよなあ」と自嘲気味なんですが、

なんとも気分が良い温泉です。前回も両神温泉に来ているのですが、前回は道の駅内にある温泉でした。
そこは。。。まあなんというか、地元の人で賑わう健康ランド。良い意味でも悪い意味でも、老いも若きもが集うコミュニティセンター
という感じで、私のような部外者には、旅情が薄い感じでした。
しかしここ両神荘は、一応、ホテルの装いなので、少ない宿泊客と日帰り温泉客がほんの少し。
静かで落ち着いた感じが気に入っています。


前前回もこの両神荘に来て、とても気に入ったのが始まりです。其の時は確か、桜舞う春でした。

7med_convert_20161023200502.jpg

今回のタイミングは、紅葉とまでは行かない、秋枯れの渓谷。

静かに聞こえる川のせせらぎを覚えながら、ゆっくりと疲れを流しました。



いつも、心にいる

大切な人を思う

幸せであって欲しいと願う

僕の小さな夢


「愛すべき未来」より
[ 2016/10/23 20:19 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

まだまだ暑いなあ

20160817-IMG_20160817_073637.jpg

暑さに負けないよう、気持ちだけでも、、、いや、無理ッス

しばらくブログの更新もままならないです。


通勤時、早朝5時半はまだ気持ちがいいのですが、電車は冷房が効きすぎて寒いです。薄手のジャケットが欠かせません。

夏の間に風を2回ひきました。それぞれクーラーの効きすぎが原因のようです。

ようやく声のガラガラもとれてきました。


久しぶりに格闘技の練習でもしようかと、入念なストレッチや筋トレもしてみるのですが。。

グキッときましたよ!! シャドウをしていて左右のショート、ロングフックの打ち分け時のことでした。

どうも肋骨の下部をやってしまい、ひびが入ってるかもしれません。結構な痛みです。日常には支障なさそうですが。

おじさんになるとこんなことも起こるのね。。骨粗鬆症だったりして。





[ 2016/09/11 08:22 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

軽井沢でセレブーーな休日

IMG_20160828_061823_convert_20160902000201.jpg


IMG_20160828_060731_convert_20160902001933.jpg


ブランドものが安い? 確かに。

半日、ひろーーいアウトレットモールで過ごし、山間のペンションでゆったりと過ごしました。

ペンションの庭には、果実がごろごろ。驚いてじっと見てみますと、周囲にはあるわあるわ果物だらけ。


都会で努めてのんびり屋な私が、田舎で、ほんわかと、のんびりと過ごす。

まあ、やっぱり、あわてず歩くことほうがいいなあ。

でもすべてを捨てて、田舎暮らしをしようとは思いません。

たまに来るから、いいんでしょうね。


サングラスと薄着だと、どうしても目立ってしまうなあ。。
[ 2016/09/02 00:30 ] My Photo | TB(0) | CM(0)

ひさしぶりの遠出

IMG_20160730_133031-2.jpg

あえてカメラを持たず出かけた夏の休暇。
気が向けばスマートフォンでの撮影です。


車で三時間少々。渋滞を回避して上信越で向かいます。

ここは松本。

暑い中、涼しげな風が天守閣の中を通り抜けてゆく。

古いがかなり重そうな太い木材をたくさん使った城の骨組みや構造に驚嘆。

子どものころ、大阪城になんども上ったが、ここまで細かく見学したことは無かったです。

大人になって材質や建築技術についての教養が少しついてから城というものを改めてみた気がしました。

昔からの職人の技術はこうも完成度が高かったのか。。毎度、驚きです。

余韻が残っているのか、車を走らせながら抜けるトンネル、高速道路を見て、やはり驚嘆しながら帰ってきました。

自身が走らせる車も、時には1○○キロのスピード。あっという間にすべてが流れ去っていきます。

人類の技術力は途方も無いなあ。。。



今宵は宿に泊まりました。
(女将、若女将、孫女将、三代に渡って親族経営されているよう)

ここの夕食は絶品で、非常に美味しかったです。
売りはビーフシチューでとてもうまいとのことでしたが、今回は信州牛のステーキにしました。
めっちゃうまかった!

ずばずばと物言う歯切れの良い女将さん、
高校生ぐらいの可愛い娘さんの孫女将。てきぱき手伝っています。
若女将が愛嬌があって楽しい人。きりっとした表情と仕事ぶりなのにギャップがいい。
注文した生ビールを持ったままどこかに行ってしまい、
眺めてたら苦い笑いしながら戻ってきた。

「そうだと思いました」
「ずびばべーーーん」
「いえいえ、大丈夫です。いつ気がつくかなあと眺めていた私も意地悪でした」
「いえいえ、ずびばぺーーーん」
「おかげで楽しい旅になります。筋書きの無いドラマは大好きなんです」
「明日の朝はしっかりやりまーす」
その後、忙しくお仕事をされながらも、近くに来ると照れ笑いされ、笑顔で返しました。
食事は、メインから漬物に至るまで、(朝食も最高でした!!)楽しいひと時となりました。
美味しい夕食に小さな笑いのイベント、ビールでほろ酔いの私は硫黄くさい温泉につかりながら運転の疲れを癒しました。
泉質は最高です。おっさんのお肌がツルツルです。

いまどきの宿、ペンション経営も大変だろうなあ。。
悪評はすぐにネットで広がってしまいますし、その逆も然り。

IMG_20160731_061005-2.jpg

上の写真は早朝の散歩時の撮影で、宿泊した宿ではありません。

IMG_20160731_061018-2.jpg

軽い運動、トレーニングを誰もいない道路で行いながら
目に留まった洋風なペンション。
この先に潰れた宿もありました。栄枯盛衰。高齢化の波があるのでしょうか。

学生の頃、栃木県の某ホテルでの仕事を思いだし
観光地で生きる人々の笑顔の裏にある、並々ならぬご苦労を思い浮かべながら
少し荒れた宿の裏地や娘さんが使うであろう自転車を眺め
女将3代の幸福を願わずにはいられませんでした。

宿自体は、いたって普通の民宿? 特別きれいに仕立て上げられているわけでもなく
不衛生なわけでもない。むしろアメニティは少ないぐらい。髭剃りぐらい自分で用意しますが。
設備その他は、幾分、古さもありますが、全体的にとても落ち着いた雰囲気でした。
私はこれぐらいでちょうど良く、好きです。
温泉は最高です。源泉掛け流しなので24時間いつでも入れます。ただしこの辺り一帯の温泉地特有の硫黄の臭いは
風呂場だけでなく宿自体にうっすら充満しています。温泉好きの私には本物の証明。
子どもにはきついかな?

帰り際、女将に昨夜の不手際を詫びられましたが、まったく楽しい旅行になったことへの感謝を述べました。
接客中の若女将も笑顔で送り出してくれました。
こんな宿ならまた来たいなあ。。。秋かなあ

白濁の貸切露天 なごみ湯 白樺
http://www.eshirakaba.jp/t/spa.html
じゃらんんからも検索できますよ~。
[ 2016/07/31 23:08 ] My Photo | TB(0) | CM(0)