PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

しばらくぶりです。

しばらくラインの「今どうしてる?」に浮気しておりました。

めっちゃ手軽でめんどくさくない。ただブラックな自分を書き、友達に読んでいただくと心配をかけるので、やや書きにくい。。

またこちらのブログに戻ってきました。

またぼちぼち書きます。では、とりいそぎ。
スポンサーサイト
[ 2017/02/23 19:52 ] その他 | TB(0) | CM(0)

幼馴染





20130907043103.jpg
(借り物ですよ~)

GWの終盤、故郷の大阪から幼馴染から連絡がありました。

「こーちゃん、ひさしぶり~」
「おれおれ、おれや」

「誰やねん???(「オレオレ詐欺かいな??)」


私のことを「こ-ちゃん」なんて呼ぶのは、ふるーーーーい友人か、むかーしの彼女、あとは一部の大学時代の友人しかおりません。
HNは「へーじ」。もちろん、本名ではありません。
「こーちゃん」という名前にしたって、大阪弁でいうのか、京都弁でいうのかで、まったく違うトーンになります。
一瞬、フル回転の軽量化された私ののーみそ。フェイスブックもやめたし、個人情報流出いてないはずだけど・・

そういえば、子供のころからいくつか呼ばれ方があったなあ。。
こーちゃん、すみっち、かどっち、(このあたりは普通です) パンチ先輩、裏番、キックはこーじ、ゴルフクラブへし折り男君。電信柱蹴る男君、足が歩いてくる。。馬鹿の大足さま。
恥ずかしい歴史ですね。
高校生のころからは経歴ロンダリング??が進み、基本、苗字の呼び捨てでした。あはは



しかし記憶力はすごいものです。声の感じから、すぐに言い当てることができました。
話の内容は割愛しますが、私の仕事がら、ちょっとしたアドバイスと将来の見越した意見がほしかったらしいです。


懐かしい話はあまりでませんでしたが、お互いにいい大人、おっさんになっての会話ができたようなできなかったような。。
一瞬で子供のころに帰ったような気もします。
わかる範囲での情報交換もして終わりました。

「たすかった、ありがとう」
「いやいや、たいへんそうやけど、がんばってな」

それぞれが自分の人生と戦っているんですな~
[ 2016/05/08 16:43 ] その他 | TB(0) | CM(0)

またいつか

DSC_3997_20150923203820e28.jpg


この連休は、結局、大きなイベントは行わず、近場を回っていました。どこに向かおうにも渋滞、渋滞であきらめました。


さてこのところ、年齢のせいか体調のせいか趣味にかける意欲やエネルギーが衰退してきたのを感じます。なんだかんだで事前準備に必要なことが多く、その準備にも疲れでママならないことが多いのです。

ここらで、ひとつ趣味を休眠して楽しみたいことと、出来ることを整理したいと思います。その流れでこの電子絵日記も休載です。



体調のほうは数値上は、ほぼ健康な人の数値になってはいますが、制限も多くその維持には今後も注意が必要な状態です。


まつさんをはじめ、ポツポツと訪れて頂いた皆さん、応援いただいた方々には本当に感謝しております。

またご縁があれば、またいつかお会いすることもあるでしょう。


「 明日が、みなさんいとって良い一日でありますように 」

お元気で
[ 2015/09/23 20:46 ] その他 | TB(0) | CM(2)

メロン好き

IMG_0680.jpg

今年も、たくさんのメロンを食べました。
食べ応えでは普通の北海道メロンでよいのですが、夕張メロンだけは味、香りともに別格です。

秋には適価におちつく巨峰が楽しみです。
[ 2015/08/15 22:38 ] その他 | TB(0) | CM(0)

米紙「もう日本は中韓に謝罪しなくていい。いくら謝っても彼らは不満を言い続けるから」

米大手紙ウォールストリート・ジャーナル13日付は、同紙コラムニストで中国やアジアの専門家の
アンドリュー・ブラウン氏の「日本にとって謝罪表明は難しい技だ」と題する論文を掲載した。
同氏は安倍首相が70年談話で日本の戦時行動を全面的に謝罪して、中韓両国との関係改善や東アジアでの
和解を図るべきだという声が米国でもあがっているが、「事態はそんなに簡単ではない」と論じる。

同氏はそのうえで、日本がすでに当時の宮沢喜一首相や村山富市首相らが数え切れないほど謝罪を
述べてきたことを強調し、それでも中韓両国との「関係改善」や「和解」をもたらさなかったと指摘した。
とくに「中国は共産党政権が反日感情を政権保持の支えにし、『謝罪しない日本』を軍拡の正当化の理由に使っている」
から、日本の謝罪は決して受け入れないというのだ。

ブラウン氏は同論文のなかで米ダートマス大学准教授の若手日本研究学者ジェニファー・リンド氏の近著
「謝罪国家=国際政治での謝罪」から「安倍首相がなにを述べても中韓両国を満足させはしない」という見解をも引用していた。
とくに中国は日本からどんな謝罪の表明があっても、不満を述べ続ける」というリンド氏の予測が強調された。

リンド氏はここ数年、米国の大手紙誌への寄稿で日本の「謝罪の危険」を説き、以下のように述べてもきた。
「日本の戦時の行為の対外的な謝罪は非生産的であり、やめるべきだ。謝罪は国内的な分裂をもたらす」
「日本は戦後の民主主義確立、経済繁栄、平和的努力などを対外的に強調すべきだ」
「中国共産党が自らの統治の正当性を支えるために国内の反日感情をあおってきたことは周知の事実だ」

米国のウェスリアン大学教授の国際政治学者アシュラブ・ラシュディ氏は近著で国家による謝罪一般について
「謝罪は相手の許しが前提となり、心情の世界に入るため、そもそもの謝罪の原因となった行為の責任や歴史の認識を
曖昧にしてしまう」と主張し、謝罪の効用自体を否定していた。
米オークランド大学教授の日本研究学者ジェーン・ヤマザキ氏は近著「第二次大戦への日本の謝罪」で、戦後の日本は
異様なほどの回数、謝罪したとして、他の諸国は対外的な国家謝罪は自国の立場の国際的な低下、自国民の自国への
誇りの傷つけ、もう自己を弁護できない自国の先人への不公正などの理由により、しないのだと報告していた。

ヤマザキ氏はさらに、日本の国家謝罪を外交手段とみるならば完全な失敗だとして「首相レベルで中韓両国などに
何度も謝罪を述べたが、関係は改善されず、国際的にも日本が本当には反省していないという指摘が消えていない」
と論じるとともに、「謝罪が成果をあげるには受け手がそれを受け入れることが不可欠だが、中韓両国は歴史問題での
日本との和解の意図はない」と結んでいた。

文字色
[ 2015/02/01 10:31 ] その他 | TB(0) | CM(0)