PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クーラー下準備&実験(中古がんばれーー)

ゴールデンウィークあたりに向けて、ビー及び熱帯魚たちの水温維持をもくろみ、クーラーの準備です。汗汗・・。
ゲットしたクーラーは三菱製KSクーラー500LとレイシーLX-110BXの2台。どちらも中古で格安でした。
さてさて どれくらいの能力かなーと風呂場で実験。
クーラー側設定水温 どちらも最低。


 実験1)風呂の水量おそらく400L近く
     レイシーLX?110BX 
     28℃→1時間で何度になるか実験です。
実験2)同じく水量400L
     KSクーラー 
     25.3℃→1時間で何度になる?


レイシーLX?110BX 三菱KSクーラー
 (水温設定15℃)  (水温設定18℃) 
スタート>28.0℃   スタート>25.3℃
60分後>24.7℃   60分後>22.7℃


と、まこんな実験結果でした。おそらくは中古のため冷却能力は相当落ち込んでいると思われましたが結果は良好すぎでした。おそらくこの好結果はクーラーからの排水の近くに温度計の先端があったこと(偶然です)が好結果の原因だとあとで気づきました。
レイシーは水量400Lに対して1時間後3.3度の冷却すなわち400*1000*3.2=1280Kcal/h落としました。
三菱は同様に2.6℃冷却したので400*1000*2.6=1040Kcal/hとなります。
仮に水量を少なく見積もってもレイシー300*1000*3.3=990Kcal/h 三菱300*1000*2.6=780Kcal/hと算出でき、最近の高性能クーラーと比較してもまったく見劣りしない結果と相成りました。
レイシーはさすがに設計が古いためか騒音がすごいです。三菱はとても静かでした。家は水槽全て1F駐車ガレージですので、騒音は気にしません。ご近所の方、すみません。
スポンサーサイト