PAGE TOP

疲れたときは

https://youtu.be/D4HbQwOjqQw




もう何年も前からですが糖尿病との付き合い。

身体が疲労してしまい、午後は何とかごまかしながらの日々がずっと続いています。
スポンサーサイト
[ 2017/09/21 23:37 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

ようやく回復

まだ全開!とは言い切れませんが、かなり復調してきました。

さーて、なんとかね。

疲れてる自分、トーンが落ちた自分を、ありのままに受け入れてくれる仲間。
ありがとう。


マキハラさんの「素直」
BGMが邪魔しますので、「素直」という文字をクリックして飛んでください。



なんとも心地よい歌です。

素直に生きる。心の言葉を口にする。

簡単なようでいて、そう簡単にいかないものです。

簡単に思えることほど大切なことが隠れているものなのです。


「素直」 作詞・作曲・編曲 槇原敬之

話を切り出す順番
ゆずってくれたから
僕のことばかり聞いて
結局君は後回し
いつも通りに大きく
手を振ってくれた後
歩いて帰る君の
いつもより小さな背中

さびしがり屋はいつも
僕に笑ってくれた
自分よりさびしい人が
これ以上増えないように

そんな君に少しも
気が付けなかったけど
一番伝えたい言葉は
「ごめん」じゃなくて
「ありがとう」


ポケットに手を入れながら
歩く癖の訳は
いっぱい詰め込んだ気持ちを
こぼさないように

なんだかわからないけど
すごく胸が痛いよ
同じように感じてるなら
慣れるまで
我慢なんて もうさせない

今度また僕から先に
話し出したとしても
口を手でふさいで君の
言葉を逃がしてよ

言葉にならなくてもいいから




素直になりたいのになれないと言うのは、

どうやって克服すれば良いのでしょうか。

自分の心の中にあるこだわっているものを手放すことです。

素直になれないということは、

素直になれないことによって得ている理由があります。
すなわち、

素直にならないことで、自分を守っているのです。

素直になるとはあきらめること

違う自分を演じることをあきらめることです。

どう判断するかは「あとはあなたに任せます」と。

「あーしんど!」
こういう私も、私自身なんですよね。
[ 2016/10/03 22:05 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

粋で 優しい 馬鹿でいよう



フルコーラスではありません。残念!
BGMが邪魔なので飛んでください。
https://youtu.be/NTH7We3tS_w

祭りのあと
桑田佳祐

作曲:桑田佳祐
作詞:桑田佳祐

歌詞

情けない男で御免よ
愚にもつかない俺だけど
涙をふいて 嗚呼 夜汽車に揺られながら

飾らないお前に惚れたよ
いつも泣かせてたはずなのに
好きだヨなんて もう 言葉に出来ない

恋も涙も純情も 生きるためには捨てよう
今日も汚れた人ごみに背中丸めて隠れてる Oh

※眠れない街に愛する女性がいる
お前だけが死ぬほど好きさ
秋風の SHADOW
終わらない夏に 誰かとめぐり逢う
夢の中でも彷徨いながら 涙も枯れ果てた※

それとなくあの娘に聞いたよ
誰が大事な男性なのか
心の中じゃ 嗚呼 無理だと知りながら

フラれてもくじけちゃ駄目だよ
こんなしがない世の中で
振り向くたびに もう 若くはないさと

野暮でイナたい人生を照れることなく語ろう
悪さしながら 男なら 粋で優しい馬鹿でいろ

Oh…
底無しの海に 沈めた愛もある
酔い潰れて夜更けに独り
月明かりの WINDOW
悲しみの果てに おぼえた歌もある
胸に残る祭りのあとで 花火は燃え尽きた
Oh yeah

(※くり返し)


なかなか切ない歌でもありますが
桑田佳佑さんの名曲中の名曲のひとつでもありますね。

わが身に当てはめてみてはどうでしょうか。
そんな青春を過ぎた頃の1ページを思い出すのではないでしょうか。


https://youtu.be/cft7KCdF4pE
素晴らしい歌声でのフルコーラス。
カバーですがものにしてらっしゃいます。

本当に好きな人と結ばれ幸せを作っていくことは
とても稀有なことなのかもしれませんね。

でも愛すべき人たちと共に切磋琢磨して
活きていくことも負けず劣らず
幸せですよ

さて幸せ探しに行きましょうか
身近探検。
11-26662_add1.jpg
[ 2016/07/24 11:23 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

忘れ得ぬ人


BGMが邪魔しますのでyoutubeに飛んでください。

忘れ得ぬ人


収録アルバム:REFLECTION
作詞:Kazutoshi Sakurai 作曲:Kazutoshi Sakurai

どうしたら説明つくだろう?
君に そして自分自身に
まるで理想通りの美しさをすぐ目の前にして

寂しさに打ち勝とうとして
誘惑を目の敵にして
頑な自分とさよならできるそのチャンスが来たのに

甘く切なく響く 君が弾くピアノのコードに
ひとつの濁りも無く
優しく僕を包んでくけど

何してたって頭のどこかで
忘れ得ぬ人がそっと微笑んでいて
憧れで 幸せで 僕を捕まえ立ち止まらせる

誰一人として近づけないくらい
忘れ得ぬ人が胸を濡らしていく
心の岸辺で僕は今日も待ってる

君の望み通りに
卒なくこなす僕もいる
何食わぬ顔をして満足げに振舞えるだろう

本当はその方法が正しい道かもしれない
きっと後悔もするんだろう
だけどその手を引き寄せはしない

愚かだって自分で解っていても
忘れ得ぬ人が心に生きていて
優しさで 厳しさで 僕を抱きしめ立ち止まらせる

歳を取って自由をもがれても
忘れ得ぬ人だけが心にいる
その日が来るのをどこかで願ってる

何してたって頭のどこかで
忘れ得ぬ人がそっと微笑んでいる

**************************************************************

この曲は、小林武史さんへの想いを恋愛の歌にカモフラージュした、綺麗な歌です。
表向きの意味と真意があるそうですが、難しいことはさておき、まあお好みで。
間違いなく神曲ですね。

*****************************************************************

誰にだって、そういう人はいることでしょう。
それが男性であろうと、女性であろうと

先輩、後輩、恩師、etc..

人は人の中で生き
人の中で 成長してゆく

充実も 焦燥も 後悔も あこがれも 愛することも すべては
自身を高めて行く 材料だと思うのです。

人は何を持って ゴールなのでしょうか。

私は 今を生ききる 

すべてを楽しんでいける

そんな人になりたいなあと日々

生きています。

迷惑をかけない範囲で
気持ちは 無限で 自由です。

忘れ得ぬ人たちを

胸に抱いて

uLZOvWR.jpg
[ 2016/07/17 04:27 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)

東京

今回の歌の紹介は「東京」

やしきたかじんの東京ではありません。

ミスチルです。


ブログのBGMが邪魔します。飛んでください。

収録アルバム:SUPERMARKET FANTASY(9曲目)
作詞:Kazutoshi Sakurai 作曲:Kazutoshi Sakurai

東京を象徴しているロボットみたいなビルの街
目一杯 精一杯の
働く人で今日もごった返してる
信号待ち。足を止めて誰かが口笛を吹いてる
とぎれとぎれの旋律だけど
なぜかしら 少しだけ癒されてる

描いた夢
それを追い続けたって 所詮
たどり着けるのはひとにぎりの人だけだと知ってる
「それならば何のために頑張ってる?」
とか言いながら分かってる
この街に大切な人がいる

東京は後戻りしない
老いてく者を置き去りにして
目一杯 手一杯の
目新しいモノを抱え込んでく

思い出がいっぱい詰まった景色だって また
破壊されるから 出来るだけ執着しないようにしてる
それでも匂いと共に記憶してる
遺伝子に刻み込まれてく
この胸に大切な場所がある

バイパスに架かる歩道橋からよく見える
ベランダに咲いた彩とりどりの花
甘い匂いがこの胸にあふれ出す
あの人に手紙でも書こうかなぁ?

描いた夢、理想を追い続けたって 多分
ものにできるのはひとにぎりの人だけど
あと少し頑張ってみようかな
それでもいつか可能性が消える日が来ても
大切な人はいる

思い出がいっぱい詰まった景色だって また
破壊されるから 出来るだけ執着しないようにしてる
それでも匂いと共に記憶してる
遺伝子に刻み込まれてく
この街に大切な場所がある
この街に大切な人がいる


f0123137_13574216_convert_20160706183800.jpg



[ 2016/07/07 18:26 ] 名曲シリーズ | TB(0) | CM(0)