PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おひさしぶりぶり

久しぶりにキャンプへ。

連休中なのですごい混雑でしたが、なるべく人が来なさそうなところを選んで正解でした。

テーマは「やりたいことをやる。」


そして私はひたすら寝まくり。。。


朝、4時半にはおき出して、朝食を作り七時半には現地を後にしました。

よその人が見たら、何しに来たの?状態だったことでしょうね。

いいのです。やりたいことをやり、気が乗らないことは一切しない。
結果、飯食って寝てただけです。写真もありません。


それでも良い気分で帰ってきました。

高速混雑時の回避方法をいろいろ工夫してきたので、快適な旅でしたし、良く眠れました。
また気が向いたら来よう~
スポンサーサイト
[ 2015/11/23 19:16 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)

ほっとするひと時

DSCF1807.jpg


DSCF1780.jpg


IMG_5827.jpg

いつものキャンプなのに ここにくると後悔はないです。
他のアウトドア系のブログを覗くと、様々なキャンプ場での様子を見ることが出来ます。
私のブログでは2~3のキャンプ場しか紹介できません。
個人的には大自然に包まれた大きな自然に包まれたキャンプ場でないとのんびり出来ない性分です。

特にここ内山牧場は大自然が 山々が 包み込んでくれる気がします。こんなに開放的で、朝から深夜まで景観が心を和ませてくれるキャンプ場は関東には少なく感じます。そんな場所に足掛け何年か通い続けています。


DSCF1812.jpg


DSCF1772.jpg


DSCF1801.jpg

今回はファミリー客よりも、ライダーさんやカップルが多い一日。

IMG_5855.jpg


日中はものすごい日差しですが 風が熱気を飛ばしてくれます。避暑地です。大きなタープの下で 存分に昼寝をしました。
設営は大変ですが一度立ててしまえば極楽です。

DSCF1831.jpg

のんびり寝て夕飯を作っていたら 夕暮れが迫ってきました。

DSCF1834.jpg

お気に入りのものばかりで埋め尽くす週末です。

DSCF1841.jpg

珍しく騒がしいキャンプ場となりましたが眠気が勝りいつの間にか深く深く寝入って行きました。

[ 2015/07/26 21:07 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)

新しいカメラと夕暮れ

今回、三脚はいつもの標準装備で車に積んであるんですが、キャノンにつけっぱのアルカスイスのシューを忘れてしまったため夜間の撮影が出来ませんでした。

なので夕暮れ時の撮影可能ギリギリまでの写真しかありません。

今回の試用でわかったことの中で
デメリットは広角ズームは周辺画像の流れが大きく(広角ズームだから仕方が無いです)周辺が解像しないということがわかり、大きな液晶EVFは可動式で便利なんですが電池の消耗が激しいということがわかりました。ま、当然といえば当然ですが。液晶のONOFFの仕方がわかりませんでしたのでもう少し取り説を読む必要があります。

DSCF1756.jpg


DSCF1742.jpg

反省としては、撮影時にもう少し絞り込むしかなさそうです。フルサイズではないのであまり絞り込んでも回析が出てしまうことも考えられますが、まあ試してみましょう。


そして徐々に夕暮れが迫ってきた状況を撮影していきます。
DSCF1760.jpg
ほんのりピンクがかってきました。
焼けの反射投影ですね。このあたりの色の出方は、まさにフジー!という感じです。忠実です。

もう少し時間経過を見ながら太陽方向を。雰囲気はこの時点が最高潮でした。あまり色づくことなく終了。こればかりは運次第。
DSCF1761.jpg

高感度は、それほど強くありません。ISO6400は使えませんね。
実用1600ぐらいまででしょうか。これだと5dMarkⅡと同じレベルです。
あまり高感度撮影に甘んじるつもりもないので、ここはスルー。
DSCF1767_2015072122432883e.jpg
この写真が黒くつぶれて鑑賞できない方は、ご自宅のモニターの明るさが足りない可能性があります。私の環境下では左の男性の表情も少し伺えます。


今回、現像はRAW現像しましたが、価格コムなどではJPEGの撮って取り出しが良い結果を生むなどとありました。
私の環境は撮影は基本、最大解像度+RAW撮影 ライトルーム現像を基本としますのであとは工夫次第、付き合い方次第かなと。

えらそうにあれこれ言ってますが、所詮、素人のたわごとです。スルーしてくださいね。

結論、やっぱキャンプは最高だ!!
[ 2015/07/21 22:58 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)

新しいカメラと雨

DSCF1735.jpg

降りしきる雨をしのぐため、タープの足を半分にし雨風の侵入を防ぎました。風向きに対して低くなるようにセッティング変更です。

せっかく切った薪もタープの置く側に移動させます。

DSCF1725.jpg


実は今回、アルカスイスのシューを忘れたため三脚撮影ができず。。。
色とりどりのキャンプ夜景が撮影できず、残念無念。。。。。。



<広角ズーム編>
10-24mm広角ズームの実力はいかに。。

DSCF1740.jpg


DSCF1748.jpg


DSCF1764.jpg

(単純な比較はできませんが)超広角の良さはそれなりに出ているので、大方、満足ですが画面周辺の流れと特にぼやけた感じは手持ちのキャノン、ニコンの広角ズームでは見られない残念な一面です。中央部分のシャープな写りは期待以上です。

全体として、60mmマクロの中望遠としての優秀さと標準広角域の写りの良さは特筆ものです。
これらとカメラの可動式液晶EVFの組み合わせで今までに無かったアングルを得たことや(僭越ながら)ミラーレスの自然な色合いの写りは、ニコン、キャノンにはないフジ独特のものといえるのではないでしょうか。本体、レンズの軽さもあいまって軽快に撮影できそうです。


さて新しいカメラのいい加減なレポートもこれぐらいにしておきましょう。

今回のキャンプは、強風と強雨に見舞われたキャンプとなりましたが、こういう場合はこうやればよいが身についているので特に慌てもせず予測の範囲で対処できました。
夏場の山間部キャンプは天候が変わりやすいものの見渡しも効くので予測が立ちやすいです。風向きや周囲の状況を見ながら適切な早目のタイミングで手を打てば慌てることも少ないでしょう。荷物の撤収と雨よけは早めがポイントですね。


最近の流行でミニテントにミニタープを覆うやり方があります。私も一時期、工夫の過程でたどり着いた方法です。ビニールシートをタープにするよりもずっとカッコ良いのですが、シングルウォールのテントにダブルウォールの効果はほとんどありませんでした。
好きでやっているのですからカッコが良い事も大切なポイントでしょう。ほんとカッコは良いですからね。オールインワンタイプの前室付のテントよりも変に雰囲気がありますね。

DSCF1728.jpg


朝露の処理がうっとおしいからタープ等の幕は出番が終わればとっとと撤収させます。朝起きたらテントのみ撤収です(笑
天気が良い間に、半期に一度ぐらいで防水スプレー処理をしておくと、臭いも気にならず雨の後の乾きも良くて良いですね。

参考までに。
NIKWAX(ニクワックス) TX ダイレクトスプレー EBE016 【撥水剤】
NIKWAX ダイレクトスププレー
噴霧ガススプレーではないので無駄が少ないです。自宅でやると酢酸くさいですよ~
[ 2015/07/21 16:29 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)

曇り時々雨 そして快晴へ

天気予報では、大方、曇り空の予報でした。

富士山方面に行きたかったのですが肝心の富士山が見えなくては残念至極です。長野方面は多少、曇っても壮大な雲の流れで晴れ間も期待できるし、雲海や焼けも期待できるかもと今回は長野方面へ。


ニコンもキャノンも持たずに新しいカメラにレンズ2本で出かけました。
カメラが変わると作風も変わるなあと苦笑いです。

液晶EVFが動くので、低いアングルからの撮影にも便利です。まだ操作全体がぎこちないのは仕方が無いのですが感覚が一眼操作に近いので直感的な操作で大体のことができます。まあ取り説など読むタイプでもないですが。


DSCF1686.jpg

手にした60mmマクロ。ファームウェアのアップデートで別物です。
等倍撮影はできませんが、写りは秀逸ですね。軽々しいレンズなのですがいやはや驚きです。

DSCF1709.jpg

いろいろと試しつつ撮影して遊びました。

ローアングルからの撮影は面白いですね。寝そべりつつ。。。

DSCF1700.jpg


時折、曇り空からの大雨もあり、それをしのぎつつゴロ寝。

ものすごい太陽光で暑くなるなどめまぐるしくなる天候です。おおむね一日中、強風でした。

DSCF1673.jpg


DSCF1711.jpg

BMWのバイクはGS1200でしょうか。乗りやすそうだなあ。バイクの免許は中型までしかないっす。憧れだけね。

DSCF1677.jpg

普段、撮影しない角度やレンズの多用で、とても新鮮な気分でした。

次回は広角ズームの撮影のもので。
[ 2015/07/20 15:19 ] キャンプ | TB(0) | CM(0)