PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新規導入 モニタ

前記事で、三脚のことにも触れました。
歩行の移動時の三脚そのものの重さが、帰路での疲弊に大きくのしかかった為でした。
今回検討しているモデルには期待しています。もう少し実地の検討を加える必要があります。

話は変わって、モニタの調整でこまった件は以前記事にしました。
問題点としてモニタの正確な色出しの件。
イイヤマのCRTモデルを購入した頃は、デジタルカメラや発色問題についてとても疎く、関心もなかったのでした。そもそもなにを基準に判断するかも分かっていなかった。精度も問うていなかった。

デジタルカメラの撮影をはじめ、写真を始めていきました。
カメラの性能、レンズ性能、撮影技術、光や気象条件など意識するようになった。微妙な色合いが存在し、またそれが大きく写真の色合い、出来栄えに影響することがわかってきた。
しかしそれらを正しく判断するには、「土台となるモニタが正確な色を出力できていることが前提である
」というところまで分かってきた。

(でもそれは、そこそこでいいやと踏みとどまるか、いやいや、もっと上を目指そうとするかで分かれる判断でもある)


モニタはいまや液晶モニタ全盛の時代。


ご存知のとおり、モニタはほぼグラフィックカードの影響、性能に依存的であるとの認識でしたが、今回購入に踏み切ったモニタは、モニタそれ自体が非常に機能的に高性能である利点がありました。
特に静止画像の編集を主に行うのであればISP仕様の液晶が良いようでした。
スポンサーサイト
[ 2009/10/02 06:48 ] 撮影工夫 | TB(0) | CM(0)

赤の飽和、階調を失うについて 加えて雑談

さて上手く説明できるか自信はありませんが、大恩人のリクエストに答えてみたいと思います。
僕の知識がまだあやふやなので、ご覧になった方々が、それぞれに研究を深めてください。
あくまできっかけということで。(言い訳)
なのでであえて、いつものように更新情報はダークに処理します。
現段階の僕の理解しているところのお話です。>マッキ?さん。


失敗例が最近少なくなってきたので、わざと作りました。
これ。
ニコンキャプチャーNX2で。必ず確認できるのでヒストグラムに注目。
allrensyuu2.jpg

完全に色が飽和しているのをわざとわかりやすくしてみました。
飽和とは読んで字のごとく一定の値以上になり溢れ出しているさま。
ここの説明でいうところの0?255の階調であらわされる色の域を越えてしまいベタ赤に
なっています。
またここまでいかなくても赤い花を撮影した際、なんだか見たときと違うなーということが多々あるはずです。
そんな時の図。
all無題

眺めていただいて、ヒストグラムの右のグラフ部に注目。
赤を示す部分が振り切っているのに気が付くでしょう。
ここを振り切らないように撮影する、または調整するのが味噌です。
右に行くほど明部。左に行くほど暗部です。
縦軸はその値の強さを示すといえるでしょう。

RGB。。レッド、グリーン、ブルーの三色でまたその複合で色空間を再現し、その撮影時のデータに応じてRGBが配色され写真になっていると理解できます。
そのときの色の分布図がヒストグラムというわけです

これが非常に重要で、カメラによってはすぐにその場でヒストグラムを簡易表示で確認できる機種もあるはずです。新しいカメラはみんな、できるのではないでしょうか。
ヒストグラムの右の部分で白が振りきっていたら白トビ。「明るすぎますよ」という意味。
アンダーに露出補正する必要があります。逆に左が振り切っていたら暗すぎです。「露出不足ですよ」という意味。
ヒストグラムの左右の幅を目いっぱい使いしかも振り切らずに色の分布が上手く行っていたら、おそらくは階調豊かな写真になっていることでしょう。

んじゃ、飽和した写真、白飛びした写真はどうやって直すの?

さてさて。。
ここからは雑談。。

それは、レッタチの勉強をしっかりやってください。アプローチは人それぞれでしょう。
肝心なことは、まずは遊び感覚で、いろいろいじってみるということでしょうか。少しずつ。
繰り返しますが、どんな色でもこの現象は起こりえますが、通常の撮影で気をつけるのは、白トビ、色の飽和です。曇天の白くて明るい空は、どうしても白トビしやすく、構図に入れないほうが賢明だと思います。
allsirotobi1.jpg


色については、赤、蛍光色が飛びやすいです。
秘訣はそういう被写体のときは。。補正撮影。。。。ということです。
その程度は。。を把握し、臨機応変に撮影できるレベルに自力でたどり着ければ、それは高い実力になるでしょう。

アフターレタッチの必然性は。。正しい表現ではないかもしれませんがデジタルカメラの色空間の限界がおのずと規定しているのです。自然は0?255で表現されてはおりません。それゆえにアフターレタッチで写真の見栄えだけでなく、色のバランスを与えてやったり、限界を超えた場合には調整しやすいように撮影し、レタッチを加える必要が出てくるようです。
カメラのCPUが色情報を絵として迅速に構成する仕事に長けているとはいえ、民生のパソコンのほうが何倍も優れているので、堂々とアフターレタッチでデジタル処理してかまわないと考えるにいたりました。所詮、デジタル情報はカメラ側も、パソコン側も同じデータの塊を処理しているに過ぎなのです。
あまりにも他人事のような話で申し訳ありません。
フィルム写真は、多少暗くても明るくてもフィルム自体が何とかしてくれました。なのでネガフィルムで露出補正しても±1?±2ではほとんど意味がなかったはずなのです。
でもデジタルは非常にその幅が狭く、まるでポジフィルムのように厳しい反面、アフターレタッチで蘇生させることができるのです。ポジにはなかった素晴らしい一面です。

結論はフィルムとデジは別物。趣味人はそれぞれの楽しみ方があるという理解する必要があります。コストはまったく違う世界になってきているようです。なのでプロの方で35mmフィルムで仕事をする方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
そしてプロフェッショナルな方々は、すでにデジタルのこういう傾向、または特徴を熟知され、その対策をきちんと、とられております。仕事ではクライアントのニーズに120パーセント応えて何ぼの世界ですからね。
プロ機といわれる各社フラッグシップモデルは当然、こういう後処理をされることを前提に絵を吐き出すはずです。ニコンで言うところの一般ユースモデル(D2桁モデル)のように皆様が喜んでもらえる、鮮やかな絵を吐き出す仕様ではありません。(それでもD40は素晴らしいと思います)
高級機を手にした方ほど、レタッチの勉強をすべきなのです。

近代の素晴らしい技術の進歩とともに、さらなる進化が期待されるデジタルカメラです。ソフトウェアの向上、レタッチの技術、性能、効果が向上すれば、レンズがどうのこうのなどという次元は色あせてしまうかもしれないほどです。

それでも、写真をとるという行為による結果は、平凡か、非凡か。はたまた感動を呼び覚ますミラクルショットか。。。。

機材の高性能化、データ処理のさらなる高度化か進められようとも、撮影技術といういわばアナログな世界の蓄積に頼るしか、デジタルな世界は活きないようにも感じます。
うーむ、パラドックス!
[ 2009/06/14 20:52 ] 撮影工夫 | TB(0) | CM(3)